タイトル画像

冷や汗

2017.07.06(21:37) 2558

20172618 オイル交換をした翌日、走行後にオイル量の再確認をしようとしてボンネットを開けた。オイルの量はバッチリでめでたしめでたしとボンネットを閉めようとしたら、やたらのヌラヌラ光っているパイプが目についた。すわっ、水漏れかと「冷や汗」が出かかった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 恐る恐るパイプに触れてみるとキンキンに冷えており、手についた液体は無色透明で無臭であった。パイプの取り回し状況と合わせて考えると、エアコンの一部であろうと想像がついた。つまりは、パイプが冷えて結露(グラスに冷たい飲み物を入れたのと同じ)したのだろう。

20172620 ただし、そのパイプ(ゴムホース状)に触った際、一部に破れているような感触があったのが気になった。GT出発前だけに無用なトラブルは避けなければならない。第一、小骨が引っかかった状態のままじゃ、楽しむこともできない。気になる事柄はきっちり潰しておくべきだろう。

20172617 というわけで、テックポイントさんへ。間違いなくエアコンのパイプ(低圧側)であり、このパイプが冷えていないとエアコンが効かないとのこと。破れているような感触について聞いてみると、通常はアルミパイプがむき出しなのだが、TTRSはご丁寧なことにカバーをしているという。当然、中にはアルミパイプが通っているから、破れているような感触など全く関係がないわけだ。

 

 何の事はない、最初の見立て通り、パイプの「冷や汗」だったわけだ。気分スッキリ。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<タイヤ交換 | ホームへ | オイル交換>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2558-74e9eff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)