09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

2017北海道GT (4) 洞爺湖へ

2017年 07月20日 21:10 (木)

201726507/9 2日目その2

 

 道内での予定は全く決めていない。とりあえず宿泊地の洞爺湖へ夕食に間に合うように着けばよい。何となく日本海側を走って、黒松内からR5へというアバウトなルートを描いた。まずはR227を西に向かい日本海に出た。厚沢部からはR229だ。あまり北海道らしくない道を淡々と走る。遅い車は適宜パスして走ったが、集落の周辺はいろいろな意味で「慎重に」走る必要がある。幸い今回はレーダー波を照射されることはなかった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20172653 北檜山より先は新潟の海岸線と似た感じだと思ったら、地図を見ると「蝦夷親不知」という地名も見られた。「親不知」はR8のそれだろうから、あながち私の感覚も間違ってはいない?大量のトンネル群を抜けた辺りから、R229は北から東へと向きを変える。いつ閉鎖されても不思議ではない道の駅よってけ!島牧を通過。よってけ!と言われても、ん~となってしまう。空いてるからトイレ休憩にはいいのだけど、トイレも狭くて今ひとつなんだよなぁ。

20172654 D523に右折する。ここは黒松内へ抜ける豪快なワインディングが楽しめるし、景色も申し分ない。が、今回は逆コースであるし、前を行くエクストレイルをパスしたところだったので、走りだけ楽しんだ。道の駅くろまつないでトイレ休憩&虫落とし。ボディはまだしも、フロントガラスの虫はこまめに落とさないと、危険ですらあるからね。

20172659 ここから羊蹄山方面へ向かうが、天気はところどころ青空という状況。羊蹄山は雲の衣を纏っているし、ここは走りを優先させるべく、R5を捨てることにした。D32~D914といういつでも?激走できる道道へ。D32に右折してアクセルオン。緩いコーナーメインの道はそれほど路面が荒れておらず、もちろん交通量僅少。

20172661 コーナーの出口でアクセルを深く踏むと、リヤタイヤのグリップを感じながらクワトロらしいトラクションで立ち上がる。タコメーターの針がレッドゾーンまで跳ね上がりシフトアップ。再びコーナーの入り口でブレーキ+シフトダウン。またアクセルON。この一連の動作を繰り返し、頭の中を真っ白にして気持ちよく走るのはこの上ない幸せである。

20172662 洞爺湖を望む台地まで一気に走った。遠く山の上にザ・ウィンザーホテル洞爺が見えた。しかし、後ろを振り返ると羊蹄山は依然として雲の中。洞爺湖畔を見下ろす斜面に佇むフェニックス洞爺クラブに無事到着。

本日の走行:315 km、燃費:14.2 km/L

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント