タイトル画像

2017北海道GT (6) アタック日高道道

2017.07.22(20:54) 2567

201726877/10 3日目その1

 

 天気は下り坂で、道内はどこも雨が降りそうだったが、わずかに浦河に晴れマークがついていた。そこで、この日は日高の道道アタックを敢行することにし、釧路方面に宿泊することとした。予報に反して目覚めると晴れ。しかも、道東の太平洋側は晴れの予報になっていた。これはラッキー。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村


20172689 晴れた洞爺湖を見ながら美味しい朝食を食べ、食べきれない残ったパンを包んでもらうのも毎年のことである。おそらくお昼はこれにコーヒー程度で十分だろう。昨日は隠れていた羊蹄山が見えそうなので、R230~R276で苫小牧へ下ることにした。ただ、支笏湖畔の道は大型車が多くてあまり好きではない。R230から、姿を現した羊蹄山を拝みながら東へ走る。R453が合流すると交通量が増え、予想通り支笏湖畔はチンタラと走らざるを得なかった。

20172694 札幌方面へ向かうR453との分岐点で、乗用車の大半は左折していった。一方、TTRSは大型車とともに右折して苫小牧方面へ。観光と工業の対比が浮き彫りとなったようで興味深かった。支笏湖から下るR276はほぼ直線であり、大型車がバラけたこともあって、1台また1台とパスして、程なくするとマイペース走行可能になった。下りきったところで対向車線でレーダー照射現場を発見。普段使わないパッシングをこの時とばかりしまくった。

20172695 典型的な工業港の道路であるD259は片側4車線もある。あまり経験がないだけに、どの車線を走るか迷ってしまった。給油を済ませ日高自動車道へ。面白くはないが、高台を走るため眺めが良いのが長所である。終点の日高門別から内陸へは向かわず、海沿いのR235に出た。国道との交差点にあるセブンイレブンでコーヒーブレイクをしたかったのだ。自衛隊の人がたくさんいて、店内は大賑わいだった。

20172697 清畠駅手前を左折して、いよいよ道道アタック開始。いつものD80ではなく、海寄りのD1026を走ってみた。この道も期待を全く裏切らず、サラブレッド牧場の中を完全マイペースで走ることができた。青空は覗いているしもう最高。新冠川を渡ってからは、いつも通りのD1025。その先の広域農道と合わせて浦河まで一気に走った。やはりこの道道コンボはいい。雨だと思っていただけに余計嬉しい。今年も心ゆくまでこの道道を楽しむことができた。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2017北海道GT (7) 最速プロボックス | ホームへ | 2017北海道GT (5) 料理の備忘録>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2567-6e7e6a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)