09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

2017北海道GT (9) 霧多布は霧の中

2017年 07月25日 20:40 (火)

201727277/11 4日目その1

 

 雨の地域が多い中で、帯広、北見あたりは雨の確率が低そうだった。そこでこれまで宿泊したことのない北見(といっても、旧留辺蘂町)に宿を確保した。帯広は暑いから避けたということもあるが、北見も道内では帯広同様暑い地域だというのをあとで聞いた。朝起きると雨は降っていないが、が濃そうだ。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20172730 厚岸からのスタートは当然、北太平洋シーサイドラインである。所々霧が濃くなるものの運転にはそれほど大きな支障はなかった。ただし、景色に関しては絶望的である。海は全くと言っていい程見えなかった。この場合は走りに集中しよう。

20172733 この霧では琵琶瀬展望台は全く意味がなく、その先でエゾカンゾウがきれいに咲いていたのでそこでTTRSを停めた。もちろん晴れていればもっとよく見えるのだろうが、黄色い群生は霧の中でもよく見えた。D123が分岐した後のD142は海と草原のコントラストが素晴らしいのだが、この霧ではコントラストもへったくれもなかった。

20172737 シーサイドラインのハイライト部分である海岸線を走りきり、根室には向かわず初田牛駅前でD1127へ逸れた。一見しただけでは駅周辺に民家等は見当たらず、田舎によくある誰が利用するのかわからない駅だった。でも北西側には初田牛集会場があるようなので、その周辺に人は住んでいるのだろう。

20172739 一旦R44に出て燃料補給&コーヒーブレイク。そういえば道内ではセブンイレブンばかりでセイコーマートをまだ利用していない。セイコーマートはコーヒーマシーンを置いていない店が多いので、どうしても足が遠のいてしまう。

20172742 補給を終え、再びR44の南側に戻り、複雑なルートを辿るD988をトレース。広大な牧場地帯を抜ける好みの道だ。牧草ロールもたくさん見かけた。R44を横断(ツーリングマップルでは信号マークがあるが、実際にはなし)し、姉別北農免農道~D123~農道~D807~D813とこれでもかとばかり牧草地帯を爆走した。今まで走ったことのない道をと思ったのだが、実際にはどこを走っても同じ風景なので、あまり考えずに思いつくままに走って問題ないことに今更ながら気がついた。

20172750 風蓮湖付近をちょっと散策しようと、D930からR244に抜け、D475で砂嘴の先端まで行ってみることにした。砂嘴上を走るので、雰囲気は野付半島によく似ている。途中からダートになり、再び舗装路が現れ、最後にまたダートとなった。最後のダートは砂地であり、スタックするとシャレにならないので自重して進入することなく撤退。何台か対向車がやってきたが、いずれもジムニーだった。

20172752

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント