07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

2017北海道GT (19) 真夏の18℃

2017年 08月07日 20:51 (月)

201728747/14/ 7日目

 朝から快晴。今日も暑くなりそうだ。ホテル自慢のバイキング朝食をたらふく食べて出発。40種類以上というのは伊達ではなく、手作り感満載のお惣菜が所狭しと並んでいた。ビジネスホテルの朝食としては最高ランクだろう。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村
 帯広の六花亭に立ち寄り、上富良野のいつもの宿に行くのが本日のミッション。暑い帯広は今回最低限にして、できるだけ涼しい場所に長く滞在したいことと、初日霧の中だったこともあって、再度北太平洋シーサイドライン、それもさわりの区間を走ることにした。

20172884

 通勤ラッシュとは無縁なのか、平日の朝にも関わらず車は多くなかった。R44を東に進み、D1003に左折。昨日のルートの逆走でR272に出た。広域農道に右折し、町道などを繋いでD813へ。D807~D599~D808で霧多布へ出た。そこからD123を東に進むのがこのルートのハイライト。

20172890

 さすがの霧多布も今日の太陽のパワーには敵わず晴れていた。もちろん海も夏だからクリアとまではいかないまでもバッチリ見える。緑と青のコントラストが美しい、あるべき姿?の道をマイペースで走った。釧路のホテルを出発した時に25℃だった気温は何と18.5℃まで下がった(写真は19℃だが)。軒並み猛暑日になろうというのに、この涼しさはすごい。浜中町の空気を暑い地域に持っていったら売れそうだなんて、現実味のないことを考えながら景色と走りを楽しんだ。

 

20172881

 見事リベンジ成功と相成ったので、満足してD988で海岸沿いから離脱。厚床駅近くからR243へ。見晴らしが良さそうなので新酪農村展望台へ立ち寄ってみた。気温はすでに25℃を越えていたが、展望台に吹く風は涼しく爽やかだった。見渡す限りの草原を堪能し、来てよかったと心から思った。

20172894 再びR243に戻り西を目指す。細かい農道はいくらでもあるのだが、たまには王道の国道を進んでみたくなった。なかなか快調な流れで、R272との立体交差!では前を行く全ての車がR272に吸い込まれていった。単独走行となり、制限速度がダウンする場所に注意して走った。西春別のセブンイレブンでコーヒーブレイクし、D951に左折、D13を経由して磯分内駅で釧網本線を越えた。

20172898

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント