タイトル画像

オイル&フィルター交換

2017.10.13(21:13) 2618

20173245 前回からおよそ1万キロ走行したのでオイル交換をすることにした。メーカー推奨は1.5万キロであるが、ロングライフタイプのオイルではないので、勝手に少し短めに(気分で)交換している。フィルターに関してはオイル2回に1回が標準だが、こっちは2~3回毎にこれまた気分で交換するという、極めていい加減なパターンである。今回は両方交換する。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 交換は主治医になりつつあるテックポイントさんにお願いした。オイルはいつものコストコで買ったものを持ち込み、フィルターはお店にお願いした。フィルター交換は下からアプローチしなければならないので、リフトアップが必須である。そうなればオイルは下抜きでやるのが自然である。ところがここで小さなトラブル。

20173237 ドレインプラグを回した感触がおかしいという。ネジ山をナメてしまっている可能性が高いらしい。ボルトのネジ山なら交換すれば(基本再利用はしないようだ)済むが、オイルパンだとするとネジ山を切り直す必要がある。これはちょっとした仕事になるので、次回の点検時に確認することとした。ちなみに、TTRSのオイルパンは鉄製である。

 ボルトを外したのは前回のフィルター交換時であるから、ねじ込み時に失敗したのなら、その時であろう。最初からテックポイントにお願いしておけば良かったか。ディーラーはそのトラブルを避けるために上抜きにしているわけだ。まあ、こうして経験値を稼いでいくのだ。

 緩めかけたボルトを締め直し、漏れのないことを確認して、上から抜くことにした。オイルフィルターはオイルが残った状態でも交換可能だった。プロ用の上抜きオイルチェンジャーは強力で、10分弱で全てのオイルが抜けきった。約5Lのオイルを入れて完了。

20173246 ディーラーと比較すると、小綺麗な待合室もないし、オネイサンがドリンクを運んできてくれることもない(缶コーヒーはサービスされた)。しかし、私は缶コーヒー片手に工場の中で下回りを覗きながら、(邪魔しない程度に)メカニックと話をしながら作業を見る方が性に合っているようだ。

 そうそう、例のチャコールキャニスターの診断を見せると、やはり様子見で良いとのこと。チェックランプも付かないし、忘れても良さそうだ(笑。

交換時の距離:68585 km、交換費用:6000円

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<炬燵とツーリング | ホームへ | 2017秋風の本州小回りGT -あとがき->>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2618-3da5cc67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)