FC2ブログ

タイトル画像

岡山ツーリング (5)

2017.12.12(20:57) 2637

20173433 民宿まつぼっくりは自然食を売りにした民宿。部屋はきれいで、トイレも改修したばかりのようでこちらもきれい。トイレがイマイチという民宿の弱点はない。洗面所はまだ昔ながらだったが、こちらは問題となるレベルではなかった。食事は一瞬、二人前か?と思うほどであり、質的にも非常に良かった。宿泊費からすると抜群のコスパとまでは言えないが、満足度が高かった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20173437 宿の女将さんにきくと、敦賀市内の通勤ラッシュはたかが知れているとのことだったので、高速ワープは必要なさそう。言葉通りスムースな流れで、R27~R8で武生方面へ向かった。途中、K207を右折して旧北陸本線跡を走った。トンネル内は離合不可であるため、原則、先入車優先である。しかし、一本だけ先入車がいるか確認できないものがある(信号機もなし)。何度走ってもここだけはスリル満点だ。

20173442 幸い、全く他車に出会うことなくR365へ。南条SAの先は「対岸の法則」に従いK202でR8。すぐにK201に右折して池田町方面へ。田んぼの中を走る県道は交通量も少なく快適。その先、ショートカット路であるK248は道路脇の草木にボディを擦らないと進めない極悪路という噂がある(しかも一部ダート)。ここは自重して遠回りであるK201をそのまま走ってR476へ。このK201の峠区間は、スタッドレスタイヤだったのが非常に悔やまれる極上ワインディングだった。これは、文句なしにこちらのルートがお勧めだろう。

20173444 ここから大野市へ向かうわけだが、今回はK34を選択した。ダム工事で賑わう?快走路部分を過ぎると、お決まりの険道区間が現れた。路肩には若干の雪があるが、この時点では何の問題もなく、不安はまったくなかった。暫く走ると龍双ヶ滝というなかなか立派な滝が現れた。平日で天気も良くないので、しばらく佇んでいても誰も通りかからなかった。

20173445 その先には自然広場があり、この辺までは一般の人が普通に通るのだろう。その先に進むと、道はますます悪くなり、雪の量が増えてきた。スタッドレスタイヤに履き替えてきて良かったと思いつつ、更に進むと・・・。こりゃいかん。常時ESPが効いて、エンジン出力が絞られ、前に進みにくくなってきた。路面にはわずかに轍が一本。この跡から判断すると軽トラかジムニークラスと思われた。

20173447 彼らなら進めるだろうが、車高の低いTTRSでは厳しそうだ。写真はまだ余裕のある地点だが、先に進むとこの倍は積もっていた。湿った重い新雪ではさすがのクワトロシステムもお手上げっぽい。しかも地図によると、この先はかなりの屈曲区間である。以上から、ここで痛恨の撤退。慎重にバックで下り、多少道幅のあるところでUターンした。

20173448 約1時間のロスで、王道であるK2~R158を走ることになった。九頭竜湖畔を走るR158は大型車のルートにもなっているので流れは良くない。所々でPASSしながら走ったが、最後にはのんびりモードに。油坂峠(旧道は冬季通行止め)を下って、白鳥からひるがの高原へと上がった。天気が良ければ素晴らしい眺めだったのだろうが、残念ながら厚い雲に空は覆われている。走りに徹しようにも足元がおぼつかない。ここは再訪を誓って、人の気配がない高原をのんびりと走った。

20173451 そんな状態だったので、ひるがの高原でランチという目論見はもろくも崩れ去った。国道に合流し、道の駅桜の郷荘川隣の和食屋でランチ。地元の人で賑わっていたけど、内容は・・・う~ん。寿司のシャリがどうにもダメという珍しい体験をした(笑。再訪はないだろうな。

20173452 高山市内で食後の珈琲と燃料の補給をしたいなと思っていたら、セブンイレブンを併設したスタンドを発見。些細な事であるが、ナイスタイミングだと妙に嬉しい。

 R158で安房峠を越える。といっても、旧道は当然ながら冬季通行止めなので、ここはトンネルを走る。ここから松本への下りは先行車に塞がれるのは必須。しかも狭くてチンタラ走るしかないという、私の嫌いな国道上位にランクされる。しかし、一般道で糸静線を越える数少ないルートだけに、避けて通れない場合も多々ある。今回は泣く泣くここを選択したわけだ。

 社会実験中で100円の松本トンネルと、未だ無料化されない三才山トンネルを越えて、千曲ビューライン経由で佐久北ICまで走った。この道はトラックの多いR142を走らずに済むので、近道ではないが悪くないと思った次第だ。

本日の走行:507 km、燃費:12.4 km/L

 これにて、総計1707 kmの岡山往復のツーリングは終了。今年は冬の到来が早いようで、雪に阻まれるというクワトロ乗りとしては忸怩たる思いが残ったツーリングとなった。しかしながら、こんな体験もツーリングの楽しみだと思っている。


スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<ナビ交換の潮時か | ホームへ | 岡山ツーリング (4)>>
コメント
2枚目の写真、波が高いな〜!
そして迫力があり好い写真ですね。
【2017/12/13 18:05】 | シバタク #PaK5/ZHM | [edit]
お褒めいただき、光栄です。
あそこは宿のすぐ裏手で、波の音で目が覚めたほどでした。さすが冬の日本海。
【2017/12/13 19:03】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2637-fe98ac97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)