タイトル画像

2018冬 会津-新潟ツーリング (1)

2018.02.19(23:07) 2664

20183648 高校時代の友人から、新潟の良い旅館をおさえるので、冬の新潟を楽しもうという誘いがあった。前日までつくばで所用があるため、会津周りで新潟入りすることにした。積雪のない時期ならそれほど大したルートではないが、厳冬期それも特別に雪が多い年に走るとなると、その様相は大きく変わるだろう。交換したコンチネンタルのスタッドレスタイヤの性能も試すことができる。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 つくばでの所用を終えて、まずは袋田の滝を目指した。今年は寒さが厳しいので、完全氷結した滝が拝めるかもしれない。しかし前日に気温が上がり、ネット情報では2割程度の氷結らしい。それでも折角の機会なので、初志貫徹。

 土浦北ICから常磐道へ上がり、のんびりと流した。当初は那珂ICを指示していたナビは新しい道を見つけたとアナウンスしながら、手前の水戸北ICで降りるように指示を変更した。費用対効果を再計算したのだろうか。だとすればたいしたものだ。

20183649 R123を北上していると、今度は渋滞回避ルートの案内。こんなところで渋滞?と思ったが、ナビのルートはR123と「対岸の法則」に相当するK102、なかなかやるなと一人ニヤリとしてステアリングを切った。いい感じの道だったが、運悪くダンプカーに前を塞がれ、あえなく撃沈。こればっかりは運だ。

20183658 R118に出てチンタラと北上して袋田の滝へ。平日の14時過ぎということで、滝周辺は静かなものだった。今回はまともに料金300円を支払い、エレベーターにも乗って存分に滝を鑑賞した。対岸の山道を歩くと無料で滝を拝めるのだが、正面からちゃんと見ることはできない。今回は氷結具合を見たかったし、足元も悪そうなので、そちらは避けた。

 予想通りというか、前日のネットにアップされていた写真通りの氷結具合。HPに言わせると「2割氷結」のようだ。上部は凍っていたが、下部は水が流れている状態であった。水量が少なく、凍っていないとかなり貧弱に見える。

20183652 なんだかんだで2km以上歩き、いい運動になった。再びTTRSの人となり、会津にある温泉宿へ向かった。不用意に山道に入ると通行止めの憂き目に遭う可能性もあるので、ここは基本的にナビに従った。途中、またしても「対岸の法則」に相当するK230を選択し、感心しかけたが、これは矢祭町の町中をバイパスする県道で、こちらを走る地元の車もかなり多かった。R118はチンタラ走行の場面が多く、袋田の滝という目的がなければR294を中心にルートを組み立てた方がいいのかもしれない。

 R289に入り、白河市を抜けて西郷村に入ると雪の量が大幅に増えた。しかし、冬季でも往来ができるよう(そもそも未開通だったが、)甲子トンネルを通した以上、除雪は完璧に行われている。この日は珍しく晴れていたこともあって、基本的にドライ路面で快適に走れた。先行車にも引っかからず、大いに距離を稼げて気分がよかった。

20183660 R121からK23で会津若松市街の南西をかすめて、宿泊地であるほっとぴあ新鶴に無事到着。ここまでほぼドライ路面で、ノーマルタイヤでも問題ないほどであった。もちろんこの時期、この場所でノーマルタイヤは考えられないが、天候が回復すれば除雪が行き届いているので快適だ。

 この宿はいわゆる公共の宿であり、日帰り温泉施設も兼ねている。1泊2食で8000円でお釣りが来るほどの激安(訳あり)プランの予約だったが、何が訳ありなのか全くわからなかった。広い和室を一人占領する贅沢を味わえたし、食事だって決して悪くなかった。価格からすれば大満足である。

20183661 と、思ったら思わぬ落とし穴が。温泉の大浴場が21時で営業終了だった。宿泊者用には別に小さな浴室があるのだが、フロントがチェックイン時にきちんと説明しなかったので、追い立てられるように風呂から出されてしまった。まあ、これはフロントの単純なミスだろうから、今回は目をつぶろう。

 温泉宿に泊まった場合は翌朝にも一風呂浴びることにしているが、大浴場は営業を開始していない。宿泊棟にある風呂は2,3人が限界で、順番待ちをせざるを得なかった。こうなると、温泉宿としては完全に失格だ。他の点は悪くないだけに、非常に残念な宿だった。温泉宿と思わずに宿泊するしかないか。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2018冬 会津-新潟ツーリング (2) | ホームへ | MAユニット>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2664-880d425b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)