FC2ブログ

タイトル画像

夏タイヤへの交換とVC6雑感

2018.03.24(21:00) 2688

20183970 春分の日に思わぬ降雪があったが、桜も順調に咲いているというニュースが報じられているように、その後は気温が高くなってきた。もうスタッドレスタイヤは不要であるので、本当は春分の日にやるつもりだった夏タイヤへの履き替えを行った。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 いつも通り、のんびりとDIYにて行った。スタッドレスタイヤを購入した時に、ハブを磨いて防錆処理してもらったので、ハブ周りは黒々としていい感じだった。もっとも錆びていてもそれほど支障はないと思われる。ハブリングをはめるとレイズホイールの軽量さと相まって、簡単にホイール穴の位置合わせができる。おかげで、購入したガイドピンは出番がない。キャリパーやボルトの清掃まで含めて小一時間で終了。その後、試運転を兼ねてGSまで行き、空気圧調整して完了。

20183971 購入後5000 km近く走ったConti Viking Contact 6の感想を記しておく。北海道では天候に恵まれたため、凍結路での走行は行っていない。したがって、非常にシビアなコンディションでは使用していないので完全な評価はできなかった。

20183973 のっけから本末転倒のような評価になるが、ドライ路面での性能が非常に高い。もちろん、ワインディングを楽しむような走りは難しいが、通常の走行であればスタッドレスタイヤであることを忘れてしまう。外したタイヤをチェックしてみると、摩耗が進んでいるとまでは言えない状況で、耐久性についても及第点を与えられる。

20183974 雪道については必要十分な性能で、少なくとも前に履いていたダンロップに劣ることはない。挙動は穏やかで、絶対的なグリップを求めるとこれ以上のタイヤはあると思うが、コントロールしやすくていい。会津~新潟での雪道では、地元車に遅れを取ることはなかったので、問題は全くないだろう。大抵の人が重要視する凍結路での性能を試せなかったのが残念だ。

 総じて、関東の平野部で使用するにはかなり向いていると結論できる。いや、この地域に限ればむしろ国産勢よりいい。少なくとも3年、頑張って4年使うことができれば文句ない。価格もアジアンタイヤ以外では安い方なので、リピートは大いにあり得る。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2018流氷GT (4) オホーツクへ | ホームへ | 2018流氷GT (3) 畑は休眠中>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2688-a934a056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)