FC2ブログ

タイトル画像

群馬県北部偵察ツーリング

2018.04.08(22:41) 2698

20184006  春が本格的に始まり、群馬県の山間部へのツーリングレポートを散見するようになった。そこで、明らかに通行止めとなっている場所は避けつつも、群馬県北部山間地の峠を中心に路面偵察ツーリングに行ってきた。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

実際とは少し異なるが、便宜上、スタートは関越道渋川伊香保ICとする。榛名山麓を走り、フルーツラインという広域農道に入った。交通量僅少の楽しい道だが、を走っているため、いい気になって走ると事故の危険性がある。実際、ペシャンコ(文字通り)となったマツダロードスターを目撃したことがある。

20184011 この農道は未完成であり、途中で小さなループ橋を経由して離脱。旧榛名町役場(現高崎市役所榛名支所)の前を通りR406へ。道の駅くらぶち小栗の里の前を通過して権田交差点を左にR406と袂を分かつ。ちなみに、ここを直進して右手に入ると、知る人ぞ知る?榛名西麓広域農道に行くことができる。道の駅の手前にセブンイレブンがあり、ツーリング前の補給をしているライダーが大勢いた。道の駅より賑わっている。

20184013 別れたK54は最初こそ集落があるが、そこを抜けると直線基調の快走路となる。路面も良く、はまゆう山荘(宿泊施設)まではひとっ飛びである。この施設が高崎市の最奥であり、ここからは屈曲が続く山岳路に豹変する。ノーマルタイヤのグリップを確かめながら、ゴリゴリと山を上った。

20184015 二度上峠に到着すると、目の前に浅間山の勇姿が見える。これは高崎側から上ってきた場合の特権である。峠を越えて少し行くと、一瞬だけ道路脇の樹木がなくなり、しかも駐車スペースがある地点がある。浅間山の撮影スポットである。北軽井沢へ下り、そのまま国道や有料道路を越えて西に走る。北軽井沢嬬恋ゴルフコースの間を左折すると、これがつまごいパノラマライン(南ルート)である。

20184016

 浅間山を間近に見ながら、まだ植え付けのされていないキャベツ畑の中を気分良く走った。交通量皆無のこのルートを完全マイペースで走りきり、R144を越えると北ルートになる。つまりは、R144の北か南かでルートが分かれるというわけだ。

20184019 北ルートに突入するといきなり通行止めの洗礼。Sho-zさんのブログの通り、4/10に開通とあるが、バリケードはずらしてあるし、どう考えても通れそうである。というわけで、ここからは自己責任の範囲でバリケードの先へとTTRSを進めることにした。

20184023 時たまバリケードが道の真中に出てきてビックリするが、それ以外はほぼ問題なく通行できた。おそらく、雪消失後の道路点検が終わっていないので、とりあえず通行止めとしているのであろう。実際、数台の対向車に出会った。正式開通?前なので、交通量は少なくマイペースで走ることができたが、やはりキャベツのないこの道路は画竜点睛を欠く気がする。

20184026 K59を経由して、R292で草津へ。道の駅草津運動茶屋公園でトイレ休憩し、東へ山を下った。そこからはK55、暮坂峠へアタック。六合側からは比較的直線基調の道で一気に峠に達する感じ。これに対して、峠の中之条側はRの小さなコーナーが続く。いずれにしろ交通量は僅少で、気分良く走れる。もちろん、対向車には注意が必要である。沢渡温泉に下り、中之条の町をかすめて今度はK53で大道峠を越える。

20184028 所々に車線が確保できない場所があるが、それほど狭い区間が長いわけでもなく、ここも気分良く走れる。今回は運悪く、ペースメーカーに捕まってしまった。たくみの里に下り、K36などを経由して後閑駅の脇から望郷ラインへ入った。ここが本日最後のステージ。長大な三峰トンネルで沼田側へ。いつ来ても交通量僅少でマイペースで走れるのが良い。ここで試乗したり、車のセッティングをしたりすると、とてもその状態がよく分かると思う。

20184029 相変わらず人と車が溢れかえっている道の駅田園プラザ川場の脇を抜けて、なおも望郷ラインを走る。レッドゾーンまできっちりエンジンを回して、そのフィーリングと音を楽しんだ。R120を越えて谷底になるK62を少し走って、対岸へ上がる。

20184030 この部分は望郷ラインで唯一車線のない区間である。最後の拡幅工事が行われており、近いうちに全線2車線になりそうだ。30年前、狭い、急カーブ、急勾配という三重苦だったこの道(当然、望郷ラインなどと命名されていない)を通ってスキー場へ行っていたのが、過去のものになる。

20184031 坂を登りきると、蒟蒻畑の中を貫く快走路になる。ゴールである昭和ICはすぐそこだ。走りはここで終了、途中にあるカフェアウルでランチを頂いて帰宅した。



 そんな感じで、群馬県のややマイナーな峠道をそこそこガッツリ走ってきた。前日、雪が降ったようだが、その影響もなかったし路面も良かった。皆さん、どうぞお気をつけて群馬の峠道をお楽しみ下さい。

本日の走行:280 km、燃費:10.8 km/L

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2018流氷GT (9) 北太平洋シーサイドライン | ホームへ | 2018流氷GT (8) 根室の宿>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2698-e47d1e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)