タイトル画像

201805みんなの倶楽部オフ (2)

2018.05.12(13:50) 2709

20184116 前回は昼食後に離脱したが、今回は皆さんと一緒に日光へ向けてTTRSを進めた。K64で片品村方面へ。ここも楽しいワインディングなのだが、要所要所をペースメーカーに抑えられ、楽しむには至らなかった。まあ、これも想定内だし、マスツーリングで飛ばすのはあまりよろしくないからこれでいいのだ。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20184118 R120に出て、まだギリギリ営業していた丸沼高原スキー場で休憩。休憩中に外を見ると何と雪が降ってきた。寒いと思ってはいたが、真夏日の数日後に雪に遭遇とは何とも・・・。TTRSの温度計は氷点下。金精峠へ向けてさらに標高を稼ぐと、路面の一部がシャーベット状になっていた。もちろん、滑るようなことはなかったがビックリだ。数台の自転車にもすれ違ったが、これはもう、冗談ではなく命がけだろう。

20184119

 峠を越えて湯元まで下ると天候は回復、路面もドライとなった。越えてきた山は雪雲に覆われていて、ピンポイントで雪が降っていたようだ。湯元の駐車場に車を入れ、無料の足湯を堪能した。湯頭から湯尻までリニアに温度が変わるので、座る場所で好みの温度のお湯に浸かることができる。正直、足湯を舐めていたが、その効果に瞠目する思いだった。

20184121 全身浴はその反動がきつく、長距離運転時には避けている。しかし、足だけであるとペダル操作で固まった足がスッと楽になり、反動もない。そうそうチャンスはないだろうが、長距離運転の合間に足湯には状況が許せば立ち寄ろうと思う。ただこの時ばかりは足湯の中に全身を浸して温まりたい衝動に駆られた。

20184126 再スタートし、10分余り下って三本松駐車場で(どうやら)お決まりの記念撮影をした。さっきの雪が嘘のような晴天であり、男体山が新緑に映えていた。桜もまだ咲いており、時ならぬ花見までも楽しめた。駐車スペースは7割程が埋まっている程度で、思ったよりの混雑ではなかった。

20184128 渋滞が激しくなる可能性を考慮して、ここで流れ解散となった。渋滞しないのは元来た道を引き返すことだが、さすがにあの雪の中を走る気にはなれなかった。意を決して選んだいろは坂の下りも何とか流れ、その後は足尾経由で渋滞に遭遇すること無く帰宅できた。ルートとしては一般的なものであったが、GWの割には渋滞することもなく、新緑はおろか、桜や雪景色まで見ることのできた面白いオフ会だった。

20184129
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<8年目の点検 | ホームへ | 201805みんなの倶楽部オフ (1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2709-a53d8be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)