FC2ブログ

タイトル画像

新緑と残雪の白馬 (1)

2018.06.08(22:26) 2719

20184195 10年来の友人たちと久々に会うこととなった。ほとんどのメンバーがTTRSを見ていないから、少なくとも4年は会っていないことになる。その舞台は信州の白馬。残念ながら一人が仕事の都合で参加できなかったが、私を入れて6人が集まった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20184198 集合は安曇野にあるスイス村。今回はさほど走りを重視する集まりではないため、往復(といっても帰りはただ帰っただけ)の単独行がマイペースで走れる区間。そこで、鳥居峠越え上田経由R143で安曇野に入ることにした。しかしながら、要所要所をペースメーカーに阻まれ、マイペースでは走れずにR143へ。青木峠を越えるR143は峠を挟む一部区間が車線がない狭路である。それでも酷道というほどではないく、上田-松本を結ぶ街道にもなっているため、一般車の走行はまあある。今回は前を走るカローラフィールダーが必死に?走ってくれたおかげで、狭路はそこそこのスピードで抜けることができた。

20184213 K57へ右折するとスイス村は目と鼻の先だったが、集合時間に5分遅れてしまった。もちろん全員が揃っており(申し訳ない)、久々の再開に気分も高揚。この年になると(40代半ばの人もいるが)、元気で再会できるだけでありがたい。スイス村のを眺めて(一人は乗馬も)6人、4台で出発。

20184212 夕飯はフレンチのフルコースということなので昼は蕎麦。今回の幹事役が、以前訪れて感じが良かったという蕎麦屋を予約していてくれた。超人気店なので、予約しても待つという店らしい。北アルプスが目前に迫る素晴らしいロケーションに佇むお店の前に停まっていた車は、ほぼ県外ナンバーであった。

20184203 お客が溢れかえっていたが、予約のおかげで待ち時間は30分程度ですんだ。予約なしだと1時間以上は待っただろう。店の庭はちょっとした散策路になっており、奥には蕎麦畑があった。でも、そこで作る蕎麦だけでは店に出す量を賄えないだろう。どこかに広い畑があるのか、あるいは不足分を購入しているのか。まあ、そんなことは気にしなくてもいいか。

20184211 花わさび入蕎麦にしようか、しばらく迷った末に、シンプルなもり蕎麦にした。出てきた蕎麦はおいしいのはもちろん、量も十分だった。気取った店は得てして申し訳程度の量しかないが、ここはそういう店ではなかった。もう一つ特筆すべきはそば湯。もちろん無料で提供されるのだが、濃厚なそれはメニューに載せてもいいと思える一品だった。そのため、ガブガブ飲んでしまい、えらく満腹になってしまった(汗。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<新緑と残雪の白馬 (2) | ホームへ | 散歩も辛いよ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2719-4f1ee676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)