FC2ブログ

タイトル画像

山梨避暑ドライブ (3)

2018.07.25(20:32) 2740

20184438 実際は30分弱程度の休憩で、忍野村へと下った。忍野側はちょっと下っただけで別荘地や住宅地が出てきたので、こちら側からのアプローチだと楽勝である。ピストンコースとなるが、通常ならこちらを往復するのがいいだろう。TTRSなら都留側の未舗装路は遠慮したいので、それしか選択肢はない。逆にCX-5なら、もちろん通り抜けがいい(私はピストンが好きじゃないので)。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20184439 昼ごはんは山中湖畔で冷やしほうとう(おざら)を食べるつもりでいたが、冷製料理があまり好きでない家人に却下された。ザルうどんは食べるのに、不思議なものだ。幸い、この周辺はリゾート地なので、食事する場所には困らない。道路に出ていた看板を頼りに、今回は洋食カフェ風詩というお店に入った。

20184441 入り口の看板はちょっと場末感が出ていたが、中は明るくて広かった。メニューは昔ながらの街の洋食屋さんという感じ。二人ともミックスフライ(限定メニュー)をオーダー。しばらくすると、サーファーのようなオーナーシェフ?が料理を持ってきた。予想を遥かに上回る量のフライにびっくり、そして、その質にも満足。何気なく入ったにしては当たりだったようだ。

20184444 11時少し過ぎには誰もいなかったが、お昼が近くなると続々お客がやってきた。車のナンバーは地元だけでなく都内のものも目立ったが、常連ぽい人たちであったので、別荘の人なのかも知れない。観光客が通るルートから外れているので、このコスパでも大混雑にならないのだろうか。

20184446 食事を終えて、ちょっと観光をということで、近くにある忍野八海へ行ってみた。周辺には判で押したように300円の有料駐車場が多数あり、駐車自体には困らなかった。駐車場によっては管理がいい加減で、料金箱が置いてあるだけの所も。歩いて見て回るわけだが、忍野村と言えども日なたはどうしようもなく暑かった。しかし、日陰に入れば涼しく感じたので、避暑地の面目躍如である。

20184450

 中国語が飛び交う中、八海のうち六海を見学した。一つだけは有料の資料館の中にあり、このへんは商売上手なのか、少々卑怯な手段なのか。もう一つは少々離れたところにあるので、この暑さの中を歩いて行く気が起きず、今回はこれらはパス。ここは観光スポットだけあって、周辺のお店には行列ができていた。先程の場所でランチにしてやはり正解だった。水はどこまでも透明・・・なものもあったが、菖蒲池と鏡池は濁りまくっており、その辺の公園の池と大して変わらなかった。他の池ではニジマスらしきものが泳いでいたが、ここは鯉なので、やはり水が汚いようだ。

20184451
スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<山梨避暑ドライブ (4) | ホームへ | 炎暑の自転車通勤>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2740-4cd53512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)