FC2ブログ

タイトル画像

2018秋北海道GT (4) 退屈な直線

2018.09.28(21:17) 2776

2日目 その2。

 北へ向かうならR337で東に進み、できるだけ早いうちに北上するのが本筋である。しかし、今回は日本一の直線であるR12を走ってみようと思った。実感はわかないとの声が沢山聞こえてきているが、一度は自分で体験してみるのも悪くないと思ったのだ。結果的にこれは大失敗で、もうわざわざ走ることはないだろう。片側2車線の区間が多いが、車は多いし、第一赤信号の率が多すぎる。面白くない道であることは十分に予想できたが、ここまで流れも悪いとは。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20184751 もう意地で滝川まで走って、ナビの地図を頼りに脇道に入ると、さっきの糞詰まりのような状況が雲散霧消。やはりGTはこういう道でなくてはいけない。深川JCT近くでR12に復帰。気がつくとR12で前にいた旭川ナンバーのジムニーシエラがTTRSの後ろにいた。ショートカットにも成功したようで、大いに気分を良くした(←単純)。

2018475220184754 内園交差点を左折して納内駅脇からで函館本線を越えた。このD916~D98~D920そしてその先のR275は非常に快適。一気に幌加内まで走った。幌加内は蕎麦の産地で有名であり、9月のこの時期は花も終わり、収穫直前のようであった。D48で和寒へ。ここで燃料を補給して上紋峠に備えた。D205で上士幌へ抜けて、そこからお馴染みD61の上紋峠越えである。いつ走っても交通量皆無と言っていいこの峠道は、ドライビングプレジャーに満ちあふれている。峠を越えたあたりで珍しく先行車に追いついた。そのアルファードをPASSすると、滝上までは一気呵成のダウンヒルを楽しむことができた。

20184755 滝上まで下ったところでドライバーが燃料切れ。紋別まではおとなしくR273、D713で流した。最後はドライバーが燃料切れを起こすという情けないことになったが、朝イチの海岸線、そして何より上紋峠で大いに楽しむことができ、R12の鬱憤を晴らすことができた。

20184757本日の走行:615 km、燃費:13.8 km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2018年9月まとめ(CX-5) | ホームへ | 2018秋北海道GT (3) ぶっ飛びジャガー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2776-5e3e7712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)