FC2ブログ

タイトル画像

2018秋北海道GT (5) ピンクのカバー

2018.10.02(22:42) 2777

201847613日目 その1。

 昨夜は少しだけ雨が降ったようだ。中途半端な降りだったのでTTRSが斑になってしまった。雲は多いながらも太陽が覗いていて、今日1日は良い天気が期待できそうだ。ドライバーの体調は今ひとつだったが紋別を出発。稚内まで適当に寄り道をしながら楽しく走ろうと思う。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20184763 道の駅からはずれた荒涼とした場所に紋別のシンボルが屹立している。なぜこんなところに?という疑問が湧く。それでもタラバガニの爪をカメラに収めると、北へ向かってR238にTTRSを乗り入れた。体調が今ひとつといっても、さすがにR238一本勝負という気などさらさらない。カーナビの地図を見ながら、ちょこちょこ国道に並行する脇道に入って楽しんだ。

20184766 興部や雄武は海沿いではあるが、酪農も盛んなようだ。一本内陸に入ると、牧草地の中を一直線に道が抜けている。天候も見事に回復して、非常に爽やかである。窓全開にして、ヒャッハーなどと怪しい言葉を発しながら運転しているうちに、みるみるドライバーも復調。現金なものである。

20184771 今回のGT全体にわたり、基本的にはこのような好天で、繰り返すが極めて爽やかな気候であった。私は窓全開にして、できれば屋根も開けて・・・と思ったのだが(やっぱりオープンカーはいいなぁ)、行き交うドライバーの半分以上は窓を全部閉じていた。遮音のためなのか、理由が何なのかわからないが、この爽やかさを肌で感じないなんて実にもったいない。私がそう思うだけで、現地の人は特に感慨もないのかもしれない。

20184772 牧草ロールも至る所で見ることができ、珍しいことにこの辺のカバーの色はピンクだった。白や黒、あるいは白黒ストライプのカバーはよく見るのだが、ピンク(と白のストライプ)は初めてだ。ここらで牧草ロールを見るのは初めてであり、この地域の特徴なのだろうか。何色でもいいのなら、実にめでたくて良い配色である。

20184774 所々で国道に戻りながら、農道らしきものを走ると、この海沿いの道もまんざら捨てたものではないと思うようになった。もう一本内陸には、天下無敵のD120を始めとする交通量皆無の道道群があるが、そこまでストイックに行く気分でない場合には、むしろこちらを選択した方がいいかもしれない。物資の補給などがしたくなれば、すぐに国道に戻ればいい。

20184777 道の駅マリーンアイランド岡島で、オイルを400mLほど補充して、その先のD12を左折した。歌登からD120に入り、しばしこのストイックな道道を堪能した。体調も完全に復調して、少しガッツリ行きたくなったのだ。中頓別でR275に出て、農道やD710を結んで浜頓別集落をショートカットした。さて、ここまで来たらあそこは外せない。

20184779
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2018秋北海道GT (6) 青空と草原 | ホームへ | オイル交換>>
コメント
北海道GT、楽しまれているようで何よりです。
胆振東部地震で旅行を取りやめた人も多いでしょうから、観光立国でもある北海道のためにも、ていしあさんの英断は本当に素晴らしいと思います。

「体調が悪くても楽しく走ってるうちに復調する」、これは正にご同慶の至りです。
何だか良くわかりませんが、このこと自体がビョーキなのかもしれませんね(笑)。
【2018/10/03 20:38】 | wata #7vFCJx9w | [edit]
ちょうどGT中に北海道知事がTVで、是非観光にと述べていたので、若干残っていた迷いは雲散霧消しました。
どうやら、我々にとっては気分良く走るのが特効薬ということで決まりのようです(笑。
「笑う門には福来る」とは確かにその通りだと、私も思いました。
【2018/10/03 22:43】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2777-a023b701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)