FC2ブログ

タイトル画像

2018秋北海道GT (10) 幻を求めて100km

2018.10.09(20:31) 2791

20184870 5日目 その1。(原因不明のブログ不調で、写真の画質が悪かったりサムネイル画像が表示されなかったりするようです。お見苦しい点をお詫び申し上げます。この先、直らないかもしれません・・・・。)

 雲が多いながら青空が見えている。どうも、北海道上空に寒気が流れ込んでいる影響(大雪山で初冠雪のニュースを昨日聞いた)で、大気の状態が不安定なようだ。そのため、昨日のようにいきなり雨になることがあったが、天気雨なのでその影響は限定的であった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 GTも後半になり、残すところは道東の太平洋側である。幸いなことに、今日も明日も全道的に晴れるようなので、道東もしっかり走れることは確定的になった。そんなわけで、本日は道東のど真ん中とも言える中標津に宿を取った。まずは、十勝の農場地帯を適当に走る。相変わらず広々として気持ちがいい。あみだくじじゃないが、適当に曲がり、縦横無尽にTTRSを走らせた。最終的には十勝牧場の白樺並木のダートに到着。そこから本格的?な道東を目指すべく進路を東にとった。

20184874 D134まで北上して本別へ。東へ向かうルートはR392の釧勝峠越えだ。道東道が無料であるおかげでここが交通量皆無、路面良好といった最高のドライビングパラダイスとなっている。距離が長い分、時間的には道東道に譲るが、アベレージスピードはおそらく勝るのではないだろうか。白糠IC近くでトラックに追いついたが、それまでは動くものは狐だけという、最高の状態で40 km近くを走った。う~ん、最高だ。

20184878 白糠から阿寒までは道東道で移動し(この区間は非常に使い出があり、おそらく有料でも使う)、R240を北上。当初はR274に入るつもりだったが、ふとホタテバーガーが食べたくなり、サロマ湖まで行くことにした。そうと決まれば今回は国道を無理には避けず、今まで走ったことのない道も取り入れるというスタンスのもと、そのままR240で釧北峠を越えることとした。阿寒湖以北のR240は初走行だと思ったら、過去にしっかり走っていた記録がブログに(汗。

30004885 適当に先行者をPASSしながら走ったが、やはり国道でドライビングプレジャーを感じるためには場所を選ぶ。残念ながらR240は単なる移動以上ではなかったことを再確認することとなった。津別市街を過ぎて国道を捨て、並行する町道?に入った。これが快適で、途中からD217、D122が合流してきて名前は変わるが、一直線に美幌市街の西端をかすめてR39へ。そこからナビがいい仕事をして、D308やD7、そして農道などを駆使してR238まで誘ってくれた。収穫を終えたおそらくジャガイモと思われるコンテナが、点々と畑に並んでいた。

 道の駅サロマ湖近くの北勝水産でいざホタテバーガーと思ったら、お約束のように休み!!もしかして?とは思ったのだが、休みをチェックしなかったのだから仕方がない、次回までのお預けである。これを食べるために100 km以上遠回りをしたわけだが、まあ楽しく走れたし、そもそもGTには「遠回り」という概念がないのだから、何の問題もない。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<第48回舗装林道走行会 (1) | ホームへ | 2018北海道GT (9) 完全水没>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2791-fcac3003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)