FC2ブログ

タイトル画像

Cクラス試乗

2007.10.08(13:20) 281

C200アヴァンギャルド

ヤナセのフェアがこの連休にあった。おみやげが化粧ポーチで、妻に「行ってこい。」と言われた(言われなくても、行くが)。この前、事故で試乗車がなかったCクラスだが、今日は置いてあったので、試乗をお願いした。グレードはC200コンプレッサーのアヴァンギャルドで、販売に最も力を入れているモデルである。

運転席に座った第一印象は、座面(アイポイント)が高いということだ。SLKに乗り慣れているからだろうが、SLKを特段低いとは思わなかった(例えば、S15シルビアあたりのほうがよっぽど低いポジションに感じる)だけに、こんなに高い(大げさに言えば、ミニバンのよう)のかと少々面食らった。が、運転はそのほうがし易いので、問題はないだろう。 


メーターCクラスシフトレバー

走り出しは意外に低速から元気よく加速するなと感じた。SLKのほうがマイルドな発進である。市街地のチョイ乗り試乗なので高速での伸びはわからないが、このエンジン、見かけのスペックよりかなり力があるし、ふけ上がりもいい。さすがに滑らかさはV6に一歩譲るが、世間一般で言う「必要充分」な性能を備えている。重厚さを求めるならV6だろうが、直4はメルセデスにしては軽快である。

メーターパネルは前にも書いたが、文字が綺麗に表示され、これは私の好みだ。ディスプレイの見やすさは非常に良好だ。その分スピードメーターの針が短く、そこはちょっといただけない(個人的な好みだが)。

シフトレバーに着目すると、何と右ハンドル用にセンターコンソールが設計されている。シフトパターン表示が運転席側にあり、BMWでいうi-drive(メルセデスは何と呼んでいるか忘れた)コントローラーも運転席寄りに配置されている。SLKはシフトパターン表示は左ハンドル使用のままで、運転席側からは見にくい(特に不自由は感じないが)が、Cに関しては国産車からの乗り換え組をかなり意識しているのだろう、右ハンドルに力を入れているのがわかる。実際、ほとんどの人が右ハンドルを選択するらしい。

乗り心地は適度に固く、長距離乗っても疲れない感じだ。が、クラウンあたりの乗り心地を求めると、この車はNGだろう。内装にしても、値段を考えるとちょっとちゃちいと感じるかも知れない。また、排気量がコンプレッサー付きとはいえ、1800ccというのも、・・・・と感じるかも知れない。確かに乗り出し価格が500万だから、高級車を求めたくなってしまう気持ちはわかる。でも、この車は決して高級車じゃなく、普段実用にガンガン使用するのがいい。

実用車を求める人が、道具として使いこなせば、間違いなく良い選択の一つだろう(でも高い^^;)。試乗する時は、可能ならば是非高速道路を走ってみることをお勧めする。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<秋桜の季節 | ホームへ | バッテリー交換 2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/281-03b24ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)