FC2ブログ

タイトル画像

BMW M3 (内装)

2007.10.15(19:21) 287

M3メーター

M3のメーターはフルスケール330km/hである。日本で使うのはそのわずか1/3で何とももったいない。120km/hを境にメーターのスケールが変わっているが、それでも街中では使いにくい。当然、スピードメーターとタコメーターの間の黒い部分は、オンボードコンピューターの表示があるはずで、そこにデジタルでスピードが表示されるのではないかと思う。

BMW伝統と言っていいメーターの配置、デザインだが、私は今ひとつ好きになれないデザインである。オレンジの透過光がどうもね・・・(この車では未確認)。こればかりは感覚だからどうしようもない。が、視認性はいい。レッドゾーンは何と8400rpmで、大排気量(4L)エンジンとしては、驚異的ではないだろうか。古い話ではっきりと覚えていないが、トヨタの傑作と言われた4AGエンジン(1.6L)のレッドゾーンが7700rpmだった(はず)から、いかにこのエンジンが高回転かがわかる。


M3トリム

室内のトリムはカーボン調の変わった感じで、質感の向上に寄与している(後に、これはオプションと判明)。BMWは右ハンドルに熱心で、M3も両方のハンドルを選ぶことができる。それも、ちゃんとサイドブレーキのレバーなど、右ハンドル用になっている。ペダル配置は未確認だが、メルセデスのAMGが左ハンドルしかないのと比べると、かなりのアドバンテージだろう。このハンドルの位置はメルセデスとBMWの客層あるいはお客気質をよく表していると思う。Cクラスではだいぶ、右フレンドリーになってきたが、AMGのような上級グレードを見れば、まだまだメルセデスは「お高く」まとまっているのだ。

M3のシートは想像していたより、柔らかかった。が、サイドのサポートがしっかりしていて、座り心地は抜群にいい。ここはぜひSLKが見習ってもらいたい。もっともSLKの直接のライバルはZ4だろうから、そっちと比較しないとなんともいえないが、M3のシートは非常に良い(運転していないけど)のは確かだろう。

内装全体のそっけなさは、BMW特有(5シリーズ以上はそれなりに豪華だが)であるものの、装備はほぼ(快適装備も含めて)至れり尽くせりだ。気になるお値段は996万円。乗り出し価格は大台を超えてしまう。到底買うことはできないが、脳内で楽しむくらいはいいだろう。

そうそう、書き忘れたが、M3のトランクはちゃんとダンパー付きのヒンジになっていた。メルセデスはCクラスはもちろん、Eクラスでさえ(この前見たE250はそうだった)、国産車と同じタイプである。その代わり、ナビなど目立つ部分の装備は標準にしてあり、ちょっとユーザーに媚びているようでこの点はがっかりだ。BMW(多分アウディも)を見習って、そいうった孤高とも言えるこだわりを持ち続けてもらいたい(勝手な言い草だが)。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<アナログ時計 | ホームへ | BMW M3 (外装)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/287-d166cda3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)