FC2ブログ

タイトル画像

2019和歌山GT (6)

2019.04.08(21:05) 2879

20196039 虫喰岩を出て小さな峠を越えるところで、熊野ザクラが咲いていた。何でも100年ぶりに新種が発見されたとかで、密かなブームになっているようだ。チェックインするなり宿の女将さんから「お客さんも桜を見に来たの?」と聞かれて面食らったが、そういう経緯があったわけだ。女将さん曰く、「新種と言われても昔から見てるしねぇ」。でも賑わいが出て有り難いとも言っていた。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20196046 R42にぶつかり北上。チンタラ走行まではいかなかったが、交通量はそれなりにあって面白くはない。気分を変えるべくクジラの町である太地町へ立ち寄る。日本がIWCを脱退した騒ぎのときにちょっとだけマスコミに取り上げられたので、地名を耳にした人もいるだろう。くじらの博物館もあるし、捕鯨についていろいろ学ぶこともできそうである(でも行かなかった)。

20196041 町自体は小さく、その先にある燈明崎にも足を伸ばした。中学校の裏手にある岬で、昔は捕鯨のために使用した狼煙場の跡がある。捕鯨は海上はもちろん、陸上からも行うものだったということがわかる施設であった。現在はそのような漁はしなくなったので、ここに来る人は釣り人がほとんどであろう。

20196043 太地町をあとにし、那智の滝へ行ってみるも土曜日だけあって混雑していた。熊野古道の大門坂と合わさって混雑必須なのは納得。高い(ここが特別高いわけではないが)駐車料金とその呼び込みに辟易して見学は取りやめた。再びR42を北上して、熊野本宮大社へ向かうR168にスイッチ。やはり紀伊半島はこうした内陸部の道が素晴らしい。

20196048 マイペースでしっかりと走り、あっという間に到着。ここは基本的に駐車場が無料という太っ腹。先の滝とは大いに違う。土曜日だけあり、近くの舗装された駐車場は満車だったので、河川敷の臨時駐車場にTTRSを停めてまずは腹ごしらえ。ちくわ天付きぶっかけうどんを食べたところ、ちくわ天の他に付いてきた野菜のかき揚げがえらい量で満腹になった。メニュー名にあるちくわ天よりも野菜かき揚げの方が主役を張っていた。

2019605120196050

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2019和歌山GT (7) | ホームへ | 2019和歌山GT (5)>>
コメント
たしかに紀伊半島は内陸の道が面白いですね。
そして、あまり知られてない様だけど東岸では海沿いでも夏に肉眼で天の河が眺められるほど夜の闇が濃いです。
【2019/04/08 23:32】 | シバタク #PaK5/ZHM | [edit]
海岸線はやはりメジャーで道も良いし、集落も多いので車が多いですね。
走るなら、ところどころ酷道、剣道が残る内陸部だと思います。

たしかに、紀伊半島は南に突き出ているので、大都会の光が届かないのですね。
私が今まで経験した中では、群馬-長野県境の田口峠付近が最も真っ暗闇でした。
【2019/04/09 21:30】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2879-ae9d7695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)