FC2ブログ

タイトル画像

白馬ツーリング (1)

2019.06.06(20:27) 2907

20196508 予定していた整備が全て終了し、気のせいにしろ極めて快適に感じるTTRS。6月に入った週末は好転に恵まれ、リフレッシュの効果を確かめに行くには最適である。昨年同時期にメディチさんたちと行って残雪を抱いた山の美しさに魅了されたので、迷うことなく白馬方面へとTTRSのノーズを向けたのであった。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20196513 上信越道佐久ICで高速を降り、小諸市街を抜けて海野宿へ向かった。ここに来るのは何年ぶりだろう。早朝の街はどこまでも静かで、人の気配はほとんどなかった。軽く写真を撮ってリスタート。R143で青木村を抜けてK12へ。ここ何回かはそのまま国道を走っていたので、県道へ曲がるのは久々である。

20196515 前半は急勾配、急カーブで高度を稼ぎ、修那羅峠という昭和の暴走族のような名前の峠を越えるととたんに勾配、カーブともに緩くなり、カントリーロードを楽しめる。もちろん交通量僅少でマイペースで走れる。しばらくすると先行車に追いついてチンタラ走行となった。家もポツポツ出てきたので、スローダウンは必然でもある。

20196516 チンタラ走行の車たちはR403の交差点で全て国道へ曲がっていったので、そのまま直進してK12を走行するTTRSはマイペースを回復。麻績村から長野市(ここまで長野市が広がっていたとは驚き)へ至る稜線上の道からは今回の目的である日本アルプスが見え隠れしていた。

20196517 R19に下り、道の駅大岡特産センターでトイレ休憩して、R19を南下した。いい感じで流れて気分良く走れると思ったのだが、途中から大型車に捕まってしまった。ナビを見ると犀川の対岸に道がある。対岸の法則に期待して右にステアリングを切った。そこそこ期待に応えてもらい、K275で四人峠を越えた。このK275もなかなか楽しい道であったが、R19と池田町のショートカットになっているため、対向車が時々来る。

20196520 池田町から高瀬川、R147を越えて安曇野アートラインへTTRSを進めた。ここまで来ると、目的の日本アルプスの山々がすぐ近くに大きく見えるようになった。いい感じで雪も残っていて、白とダークグリーン(ほぼ黒とも)のコントラストが素晴らしい。木崎湖でR148に出て、そのまま白馬方面へと思ったが、またしても荷物満載の大型車に塞がれてしまった。

20196522 トンネルを抜けて右折、K393~K31を快走した。この辺の県道群も交通量は少なく、初夏の爽やかな気候と相まってこれ以上の快適は望めないほど。K33を経由してR148に復帰、白馬駅の先からR406へ。山の景色は十分に堪能したし、そろそろお腹も減ってきた。ランチタイムはあそこへ行こう。

20196524
スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<白馬ツーリング (2) | ホームへ | クーペ不遇時代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2907-4b784e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)