FC2ブログ

タイトル画像

白馬ツーリング (2)

2019.06.08(21:03) 2908

20196525 ランチタイムは昨年の白馬ツーリングで立ち寄って、次回はランチを食べようと密かに思っていたかっぱ亭へ。愛想の良い女将さん(といっても若い)に1年ぶりの来訪を告げると、「初めてじゃないと思っていたけど、あの時の。」と思い出した模様。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20196527 前回目をつけていた信州サーモンのランチプレートを食べた。旬の野菜であるアスパラのポタージュがとても美味しくて印象深かった。典型的なカフェ飯であり、個人的にはもう少し和に振った方が好みである。素材も味も悪くないので、これはあくまで趣向の問題である。私が食べている間、他のお客は誰も来なかった。何組かのお客が外のメニューを眺めてはいるのだが、誰もお店に入って来なかった。開放的で入りやすいと思うのだが、なぜだろう。最初、お店の周囲はおばちゃん奥様方でごった返しており、これは入れないか?と思ったのだが、水車とお店をバックに写真を撮っただけで退散していたし。

20196529 さて、折り返し点を過ぎて帰路につく。R406で長野市街地方面へ。人の気配がほとんどしない国道をマイペースで思うがままに走る。足回りは古いままなのに、思い通りのラインで走れる気がする。気のせいだと思うのだが、気のせいだろうが何だろうが、気分良く走れるのは嬉しい限りである。

20196535 定点観測とも言えるトンネル手前(白馬側)から見える日本アルプスを最後に拝み、達成感に浸りながら(何を達成したわけではないが)再びガラガラの国道を鬼無里へと下っていった。時折、先行する車何台かに道を譲ってもらいながら東へと進む。鬼無里より東は徐々に改修が進んでおり、ナビには反映されていないトンネルが開通していた。

20196539 混雑気味の長野市街地を抜け、須坂長野東IC手前で給油、そしてローソンでコーヒーブレイクして最後の山岳路に備えた。まずはK66で山田牧場を抜けて志賀高原へ抜ける。この道ははるか昔、SLKのツーリングオフ会以来である。オープンで走っていて牛と遭遇してびっくり仰天したことをよく覚えている。2015年版ツーリングマップルでは悪路と書いてあるが、補修がしっかりなされており、むしろ快適な部類の道であった。

20196541 加えて、ここは非常に狭かった印象もあったのだが、確かに広くはないものの、結果としてかなり楽しんで走れる道であった。わざわざこの道を抜ける物好きはあまりいないようで、対向車数台とすれ違った程度で、ペースを乱されるようなことはなかった。過去の印象からこの道はどちらかというと避けていたのであるが、これほど楽しめるのであればルートに組み入れるのを否定する材料はない。

20196542 すっかり楽しんで、R292を草津方面に抜ける。火山の影響で通行止めになっていたが、前日にそれが解除になったのだ。渋峠の駐車スペースに珍しく空きがあったので、国道最高地点の碑をカメラに収めた。この先は車も増えてチンタラ走行必至なので、事実上これにてツーリング終了。できるだけ混まない道を選んで無事帰宅した。

本日の走行:426 km、燃費:11.4 km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<メッキモール | ホームへ | 白馬ツーリング (1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2908-3181c19b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)