FC2ブログ

タイトル画像

第54回舗装林道走行会

2019.06.27(21:00) 2911

20196578 今回は梅雨たけなわの6月23日、群馬、長野県境付近で開催された。1日雨が予想されていたのだが、蓋を開けてみれば運が良いことに、天気が最後近くまでもった。道の駅オアシスなんもくに集合して、早々に出発。富岡から下仁田へ抜けるのに、物は試しとK195を走ってみた。峠の富岡側は大型車通行不能と書いてあるだけのことはあり、本当に物理的に通行不能の狭さだった。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20196583 まずは田口峠を越える。かなり狭くて厳しい印象があったのだが、皆で走るとあれっと言う間に抜けてしまった。対向車はなく、わずかに1台の自転車とすれ違っただけであった。午前中は薄日がさすほどで、暑くも寒くもなく、非常に快適な気候であった。窓全開にして初夏の風を楽しんだ。

20196586 山を下れば、もうランチの場所のTinoである。前回行ったときと違って、内装が大きく変わっており、かなり洒落た感じになっていた。この状態だとかなりいい感じのcaféである。皆さんカレーを注文していたが、私はトーストセットにした。前回は食べ切れない量のトーストだったが、上品な量になっていた。これならば残さず食べられ、それでも腹八分目で丁度良かった。

20196588 ランチを楽しんだ後は、蓼科スカイライン途中にあるパラボラアンテナの見学へ。麓の洞源湖で再集合して、ヒルクライム。洞源湖と名前がついているが、実際はである。しかも植物が生い茂っているので、近くまで寄らないと水面すら見えない。

20196592 麓は薄日が差していたが、標高が上がるに連れてが降りてきた。しばらく登ると巨大なパラボラアンテナが。ここで集合写真と思ったが、あっという間に霧に包まれ、全員が集合したときにはアンテナは全く見えなくなっていた。昨年は何もなかった気がするので、アンテナ本体は1年足らずでできてしまったのか。しかし、あとで聞いてみると、そこから計器類などを装備、調整すると、実際に可動するのは2021年になるそうだ。

20196593 山を下り、林道西山線に入った。途中でここから別れ、もう一つのアンテナへ。こちらはバリバリ稼働中である。霧も何とか薄まり、参加車両とアンテナの記念撮影ができた。かなりマイナーな場所ではあるが、その割には見学者が多かった。バイクのツーリング集団もやってきたし、意外に有名スポットなのか。

2019659820196606 再び西山線に戻り、これを終点まで走った。かなり距離もアドベンチャー感もある道で、所々は流出した泥が数センチ堆積していた。木の枝も散逸しており、車を降りて片付ける必要もあるほどであった。一応、R141を通らずに佐久―臼田を結んではいるが、抜け道として使うにはハードすぎる。かなり神経を使ったドライビングになったので、写真を撮る余裕がほとんどなかった。

20196609 R299に出て、そのままこの国道で県境を越える。この区間は酷道として名高いが、先の西山線や、初っ端のK195に比べれば大したことはない。ただ、一番の酷道と思われる区間は通行止めになっており、国道より立派と言われる矢弓沢林道で迂回している。県境の十国峠は展望台や駐車場もある眺望良好な場所である。しかし、ギリギリまでもっていた天気はR299に入る頃には崩れ、雨模様となっていた。当然視界は霧によって遮られ、景色を楽しむことはおろか、走行にも若干の支障がある程であった。

20196611 山を下ったところにある川の駅上野で解散。最後は降られてしまったが、梅雨時期としてはまずまずの天候に恵まれた走行会だった。近場でもまだまだアタックするような道が沢山あることを毎度のことながら教えてもらった。

20196614
スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2019年6月まとめ(ティグアン) | ホームへ | イージーオープン(クローズ)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2911-dc351639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)