FC2ブログ

タイトル画像

プティ・スエ

2019.08.04(21:06) 2922

IMG_20190723_113925 7月最後の週末も、仕事やら台風やらでツーリングは叶わず。ネタ不足は続く。野暮用第二弾で、神奈川県湯河原町に出かけたときのこと。用事を済ませて、発生したゴミを清掃センターに出しに行くと、途中にフランス料理らしき看板を発見した。こんなところに??

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

IMG_20190723_125316 地図を見ていただければわかるが、ここの清掃センターは山を登ったところにある。このような施設の常で、周辺は何もない。看板が出ていたのは清掃センターよりはかなり麓の方ではあるが、入り口は狭い急坂の山道である。半信半疑のままティグアンを乗り入れると、行き止まりと思いきや、その右手が平らになっていてレストランが姿を現した。入り口が急勾配のヘアピンになっていて、車高の低い車は間違いなく下を擦るだろう。もちろん、SUVのティグアンは余裕である。

IMG_20190723_120110 千葉ナンバーのラクティス(だったはず)の他に車はなし。平日だったこともあり、営業していないかと思ったが、しっかりOPENの表示が出ていた。ただし、ドアの外にメニューなどはなく、どんな料理がいくらで提供されるのかは外からはわからず、初見の人にはちょっと敷居が高そうだ(2年ほど前から、こういう場面でも敷居が高いという表現が正式に使えるようになったらしい)。

IMG_20190723_114201 まあ、常識的な範囲でしょと、思い切って入店。ほとんど一般の家と変わらず、玄関で靴を脱いで食堂へ。テーブルは4人がけのものが3つ。店主一人で切り盛りしていた(忙しいときは手伝いが必須だろう)。メニューは黒板に書かれていて、ほぼ予想通りの内容だった。価格はやや高めで、最も安いコースでも1900円だった(ランチ)。

IMG_20190723_115237 最初のサラダと冷製ポタージュの時点で、前回に引き続き「当たり」の予感が。聞けば、オープンから5年という。こんな場所でひっそり5年も営業していられるのは、わざわざ足を運ぶ客がいるということ。はずれならとうに閉店に追い込まれているだろう。メインも量が比較的多く、味も文句なかった。デザートが出てくると、家人とともにこれで1900円なら割安という感想になった。

IMG_20190723_121519 店の窓からは遥か遠くに湯河原の街と海が望め、周囲は竹林を中心とした緑豊かな環境である。ロケーションも最高である。自宅のリビングで料理を食べている感覚の一方、景色とその料理の味が素晴らしいという、日常と非日常が合わさったような不思議な感覚を味わうことができた。

IMG_20190723_123240 湯河原へは何度も行っていて、なかなかいいお店が開拓できなかったり、お気に入りのお店が閉店してしまったりしていたのだが、まさか街とは反対の山にこんないいお店があるとは目からウロコであった。しかし、諸般の事情により、湯河原へ行く機会は激減しそうだ。遅きに失したというところで、ちょっと残念。

IMG_20190723_114304
スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2019長野・新潟避暑ドライブ (1) | ホームへ | 2019年7月まとめ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2922-15e89ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)