FC2ブログ

タイトル画像

2019長野・新潟避暑ドライブ (1)

2019.08.06(21:49) 2925

20196775 長かった梅雨が明けた途端、猛暑に襲われた関東地方。早くも若干夏バテ気味ということもあり、ちょっと涼しいところに避難すべくTTRSを8月最初の週末に繰り出した。避暑とはいっても、メインは走りだから、夏休みでも人が少なそうなエリアを選ぶ。となれば、南関東の人たちが日帰りだとちょっときつそうなエリア(もちろん、観光地はパス)ということで、長野・新潟県境付近に向かった。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 スタート地点は便宜上、道の駅くらぶち小栗の里としたが、そこまではフルーツラインという広域農道を使ったので、のっけからツーリングモードである。この農道は唐突に道が切れていたのだが、行ってみると若干延伸され(当時は全く延伸される気配がなかった)、いい感じで道の駅近くのR406に出た。ここから二度上峠を越えて北軽井沢へ向かう。このK56は途中まで改良済みの快走路(ダム工事関連だと思う)、その先はタフなワインディングという、非常に美味しい県道である。交通量も少ないので、北軽井沢方面へ行くのに私は好んで走る。

 峠の少し先に浅間山のビューポイントがあるのだが、残念ながら視程が悪くてよく見えなかった。やはり冬の澄んだ空気の中で見るのがいいようだ。北軽の別荘&ペンション街を抜けると、まだ朝だというのに営業中の店が多かった。考えてみれば夏真っ盛りの土曜日。ハイシーズンもいいところで、今営業しなければいつするんだという状態だった。ここでモーニングをいただけば良かったかなと思いながら、つまごいパノラマライン(南ルート)へTTRSを進めた。

20196778 嬬恋はキャベツで有名であり、今は収穫の最中。畑にはトラクターが、道路には出荷のためのトラックが走っていた。気分良くキャベツ畑の中を走り、ほとんど走る機会がないK94で湯の丸高原へ向かった。鹿沢と東部を結んでいるこの県道は、自宅との位置関係が中途半端でルートに組み込むのが難しいのだ。ざっくり言えば鹿沢側は直線基調、東部側はきついコーナーの連続という、変化に富んだ素晴らしい道であり、本来往復してもいいほどである。これをマイペースで北から南へ抜け、上信越道に沿ったK4に出た。

20196779 暑さのせいか何となく体調がすぐれず、これしか走っていないのに疲れが出てきた。K35との交差点でK4をそのまま走って戻ろうかと一瞬考えたが、ままよとK35にステアリングを切った。ちょっとした峠を越えて長野市方面へと下る。そろそろ車外に出て体を動かしたくなってきたので、松代城跡を見学することにした。その前に、限界に達していたトイレを松代PAで済ませた。高速のPAであるが、一般道からも利用可能である(珍しくもないが)。

20196781 気温は余裕で30℃を超えていて避暑も兼ねているはずなのだが、クソ暑い中、てくてく歩いて城跡と旧松代駅を見て回った。天守閣がない城で、石垣と門の一部が残されているだけ。周りは長閑でいい感じだが、城や歴史に疎い私には何度も行きたくなるような場所ではなかった。もちろん無料なので、近隣住民のお散歩コースにはいいだろうと思う。旧松代駅は文字通り、2012年まで鉄道が走っていた。今は鉄道はないが、駅前のバスターミナル(そんな大げさなものではないが)はそのまま利用されている。

20196782 暑かったことは確かだが、思ったよりは汗だくにならずにTTRSに戻って出発。そろそろお昼ごはんの時間であり、道の駅オアシスおぶせを暫定的な目的地とした。ここの道の駅は広い公園になっていて、高速道路からも一般道からも利用できる。お店も充実してはいるのだが、レストランのメニューは平凡なもので、今ひとつ食指が動かなかった。いくら名物とはいえ、この暑い最中に栗おこわを食べる気にはなれなかった。カフェでサンドイッチという気分でもなく、後半戦の舞台へ移動する途中で適当に食べることとした(このパターンは食いっぱぐれることが多いのだが)。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2019長野新潟避暑ドライブ (2) | ホームへ | プティ・スエ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2925-9a76baa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)