FC2ブログ

タイトル画像

2019北海道GT (3) ホタテづくし

2019.09.25(21:32) 2951

20196964 9/15 厚沢部~紋別 その2
 かなり流れが早いR275に戸惑いながらも喜んで前車を追走して、道の駅つるぬまの先を左折。新十津川広域農道などを駆使して滝川市街地をバイパスした。R451を越えたところでR275に戻り、R233を右折。秩父別を抜けたところでナビに道を選択させてみた。これがなかなか素晴らしい道で(素晴らし過ぎて、ガソリンスタンドがなくて焦った)、あとはホテルまでこれに任せることにした。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 D281からまたしてもR275に戻る。ここから先のR275は交通量がぐっと減るため、国道と言っても完全マイペース走行が可能だ。幌加内峠をトンネルで越えると、蕎麦畑が目立つようになった。国内最大の蕎麦の産地である。まだ花が咲いていたので、収穫はまだ先なのだろうか。D48で和寒峠を抜け、激走は続く。何台か先行車に追いついたのだが、いずれも安全にPASSすることができた。

20196965 通常のナビならR40に誘導するはずだが、パイオニアのナビは何を血迷ったか、農道や道道を駆使して、D61まで案内した。ガソリンの残りが心もとなかったため、R40を走っても良かったのだが、ここはナビの心意気に従うことにした。東六線駅のすぐ脇の道でR40を横切り、上士別峠を越えてD61へ。道道の一本南の市道?まではさすがに案内しなかったので、そこだけは手動で(笑。

20196966 D61でメインイベントの上紋峠越え。しばらく前から天候はすっかり回復して、秋特有のうろこ雲が浮かんでいるのが見えた。頼りないガソリン残量だが、紋別まではともかく滝上までなら行けるだろう。メーター表示を航続可能距離に切り替え、遠慮なくアクセルを踏ませてもらった。上りで消費したガソリンは下りで取り返し、航続可能距離がみるみる増えてきた。

 滝上町で唯一営業していた(危なかった)、エネオスで燃料補給。お支払いはと聞かれたので、エネキーを見せたら、不思議そうな顔で何ですか?と言われてしまった。エネオスだからといってどこでも使えるわけではないらしい。燃料を満タンにしたらあとはR273を基本に紋別市街地の紋別セントラルホテルへ。

20196970 チェックインし、さっそくホタテづくしの夕飯をいただく。昨年は体調が今一つで、美味しくいただくことができずにホタテに申し訳なかったのだが、今年は欠食児童の如く、あっという間に平らげてしまった。ホタテもさぞかし満足だろう。

本日の走行:650 km、燃費:13.4 km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2019北海道GT (4) 貸し切り道道 | ホームへ | 2019北海道GT (2) 最西端通過>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2951-deff0f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)