FC2ブログ

タイトル画像

2019北海道GT (19) 台風の前に

2019.10.16(20:36) 2969

201972129/21 大沼~自宅

 GT9日目、北海道を離れる日である。いつもならば秋田あるいは青森に宿を取り、GTの余韻に浸りながらのんびり日本海側経由で帰るところだ。今年もそのつもりで秋田の温泉宿を確保していたのだが、台風17号がやってくる。予報では日本海をそのまま北上してくるので、日本海側ルートで1泊して帰るのは危険かもしれない。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 そんな状況だったため、旅程を1日短縮し、大間港に降り立ったその足で行きと同様、高速で一気に帰宅することにした。十和田湖や田沢湖付近での走りを楽しみにしていただけに、忸怩たる思いで秋田の宿をキャンセルした(これを決めたのは数日前だったので、キャンセル料はなかった)。

20197213 素泊まりなので準備を済ませ、7時にチェックアウト。フェリーの時刻には余裕がありすぎだが、函館FTはネットコーナーもあり快適なので、そちらで写真の整理でもしていれば出港時刻はすぐに来るだろう。非常に良い宿なのだが、ネット環境が弱いところが私にとっては唯一の弱点である。もっとも今年はポケットWifiを導入したので、さしたる不便は感じなかった。

20197216 セブンイレブンで仕入れたパンを食べながら(久々にパンが食べたくなった)写真の整理をしていると車に戻れとアナウンスがあった。本当はコンビニよりちゃんとしたパン屋のパンが食べたかったのだが、あいにく適当なお店を知らないので、入手不可であった。行きに輪をかけて搭乗台数は多そうで、いつも船中は4列だったが、今回は5列で詰め込んだ。ドアを開けるのに気を使う狭さである。通常なら数人しかいないデッキもお客が溢れており、椅子に座るのも苦労する状況であった。昨年とはかなり様相が違う。台風のせいで早めの船に乗った人が多かったのだろうか。ただ海上は平穏そのもので大間港に到着。

20197215 昨年と同様、走りたい放題のK46でむつ市街地へ。青森もとても魅力的な道が多く、東北GTを企画して走りたいところだ。道の駅よこはまで昨年同様、ホタテフライ定食をいただく。今年はお客が多くて、お昼時はやや過ぎていたにもかかわらず、席の確保もギリギリの状態。去年閉店してしまうのではと思ったのは杞憂でありそうだ。

20197217 ここから下北半島縦貫道路を使い野辺地木明ICでOUT。K5から広域農道で最後の走りを楽しむ。ここは目論見通り北海道バリのドライビングパラダイスが広がっていた。幸いまだ雨は落ちてこなかったため、存分に走りを楽しむことができた。周囲の風景は穂先が垂れた水田で、ここの点がこれまで走ってきた北海道の風景とは決定的に違う。

20197219 東北町のファミリーマートでコーヒーを買うと、そこからは一路高速道路の旅。宮城県に入る頃から雨が降ってきて、強くはないが、これは帰宅まで止むことはなかった。東北道は渋滞こそしなかったが、車が多くてSAは阿鼻叫喚の混雑ぶり。これでは東北道上でドライバーとTTRSの補給は困難そうだった。このため白河付近で一旦高速道路を降り、R4沿いのお店でTTRSに補給(ドライバーへの補給は適当なお店がなく、北関東道の太田強戸PAまで引っ張ってしまった)し、再び高速道路で帰宅した。結局八戸から約7時間、ほぼ休憩無しで帰ってきたことになる。これにて2019年の北海道GTは幕引き。

20197220本日の走行:848 km、燃費:13.0 km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2019北海道GT あとがき | ホームへ | 2019北海道GT (18) 予想外の素晴らしさ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2969-f5a951be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)