FC2ブログ

タイトル画像

板金修理

2019.12.02(21:08) 2988

IMG_20191127_174246[1] 前回触れたドック入りの話。別に事故ったりぶつけたりしたわけではない。いつだったか正確な記憶がないが、納車されてからそれほど経っていなかったと思う。強風時にドアを開けたら、そのまま持っていかれて思い切りドアが開いてしまったことがあった。その時は周りに何もなく、無事に済んだと胸をなでおろしていたのだが・・・・。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 ところが後日、おそらく洗車時だったと思う。よくよく見ると、何だかフロントフェンダーとドアのチリが合っていない。助手席側と比べてみると明らかであり、ドアの開閉も少々引っかかる感じがする。結局、無傷では済まなかったかと少々凹んだが、差し当たって走行には支障がなさそうだったので放置し続けて数年が経過してしまった(汗。

20197435 ある時、高速道路をいいペースで走っているとやたらと風切り音がすることに気がついた。ドアの立て付けが狂ったため、窓の密閉性が落ちたらしい。ペースを落とせばそんなことはないのだが、TTRSらしく走るとなると、まるっきり無視というわけにはいかない。でも、まあいいかと放置を続けたのだった。が、やはりボディに負担がかかる可能性もあり、修理の潮時と判断した(もう遅いか)。

20197433 TTの場合フロント部はアルミだし、修理となるとちょっと厄介そうな案件に思われるので、以前の板金屋ではなく、そういった修理に慣れていそうなお店を探すことにした。ネットで下調べしてとりあえず挨拶代わりに出向いてみると、なかなか良さそうな感じだったのでお願いすることにした。ついでなので、ボディ関係で少々気になるミラーとリヤハッチのガタツキも見てもらうことにした。

 11月中旬に車を預けて下旬に修理完了。ドアは綺麗にフェンダーとチリが合っており、開閉もスムースになった。修理に出したのだから当然とは言え、かなりの効果だ。ピラーの歪みを直し、フェンダーとドアの板金をしたという。人間で言えば、骨格が曲がっていたのを矯正したというところか(カイロプラティックみたい?)。

20197442 しかしミラーについては、パーツの交換をしないと完全には直らないとの見立てだった。TTRSのミラーは4つのパーツから構成されていて、そのうちの1つ(ボディ)を交換すれば多分OKとのこと。しかし、何せパーツの一部であるカバーだけでも確か8万円ほどしたはず。ボディもきっとかなり高額だろう。取り付けネジが緩んだ程度かと思っていたのだが、そんな単純なものではなかった。これではいかにも費用対効果が悪いので、この程度のガタツキなら放置することにした。

 リヤハッチについては調整してくれたようだが、やはり巨大なハッチなのでこのガタツキは完全には防止できないのかもしれない。この辺は今度TT乗りの皆さんに聞いてみよう。板金屋の社長が試走した範囲では、風切り音もないという。しかし風切り音の出る速度域は「いいペース」なので、これを試走して試せというのは無理がある。今回はこれで十分だろう。ちょっとカンニング竹山似の社長なのだが、キレることなど全く無く(笑)、とても親切に対応してもらった。

 後日、高速道路を走る機会があり、色々試してみた。全般的に静粛性が向上して、何となくボディ剛性が上がったような気になった。もちろん風切り音は皆無である。ボディの歪みがなくなり、本来の状態に戻るとはこういうことなのか。もっと早くやっておけばよかった。

 ところで、代車はジャスティを出してもらった。これは、トールやルーミー、タンクとともに4兄弟を構成している車だ(たぶん)。トヨタグループが作った車らしく低価格なのに作り込みがいい。ダッシュボードはカチカチのプラスチックなのに、本革っぽいシボはおろか、ステッチまで入っている念の入れよう。しかも、それがまたリアルなのだ。室内は広いし(個人的には広さはどうでもいい)、収納なども考えられていて実用性は非常に高そう。アイドリングストップの躾もティグアンなどよりよっぽどいい。これは売れるわな。

 でも、この車の良さを享受するには一つだけ条件がある。それは・・・・走らないことである(汗。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<冬支度の前に(中継) | ホームへ | 2019年11月まとめ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2988-9b1884f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)