FC2ブログ

タイトル画像

2019オフ会納め (1)

2020.01.04(22:15) 3001

20197530 年は明けたが、昨年の話から。2019年の締めくくりにTTのオフ会に参加してきた。ちょうど家人から帰省するから送れという司令が発出されたので、富士山周辺という場所は比較的都合が良い。そうでなければ参加できなかったところだ。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20197532 オフ会の前日の朝、家人を送り届けてからドライブ開始。久々に伊豆半島をぐるっと一周りすることにした。伊豆は風光明媚で走るステージにも事欠かないのだが、海岸線は走りのステージからは除かれる。今回はスタッドレスタイヤでの走行になるので、その海岸線でチンタラ走行して景色を楽しむと割り切った。

20197534 熱海から稲取のあたりまでは非常に車が多い。「走り系」の方々のブログには東伊豆の文字がない理由を体感した。稲取から南は若干車が減り、下田市街地を抜けると(下田は混雑していた)、そこからは普通に走れるようになった。

20197535 石廊崎へ向かう県道に素直に入らず、一旦、R136を西に進み、地図上は怪しげな道で南下してみた。国道からその道への入口には、小さいながらも石廊崎の案内標識があり、まともに通れる可能性が高くなった。しかし、車線もない林の中の道をわざわざ走る物好きはいないようで、今回唯一ここだけは1台の車にも出会わなかった。車線がない程度で、取り立てて狭くもないし、路面もまともなので、ここはお勧めである。

20197537 県道に復帰したところがほぼ石廊崎。これを越えると半島の西側である。西伊豆は東と比べると道も狭い場所が多い代わりに、車の量は激減する。そうは言っても伊豆、完全マイペース走行が長続きしないのはやむを得ない。スタッドレスタイヤで、かなりセーブしているのに次々と「催眠光線発射装置」に追いついてしまう。景色を見ながらのんびりと走った。

20197536 松崎、戸田と小さな町を越えて沼津に近づいてきた。戸田にある道の駅ではレンタサイクルぽいものがあったが、それがキャノンデールだった。なかなか攻めてるな・・・。半島の西側からは駿河湾を隔てて富士山が見えるのだが、あいにく富士山にだけ雲がかかっていた。

 半島最後のK17で、この日、いや、これまで見た中で最悪のマーチに行く手を阻まれた。単に遅いだけなら、お年寄りが運転する軽トラによく遭遇するので慣れているが、意味もないところでブレーキを掛けて止まりそうになるほど遅くなるのはどういうわけだ?しかも、センターラインをはみ出すので、追い越しもできない。これにはほとほと参った。私の後ろを走っていたバイクが怒り爆発でイエローライン無視でぶっこ抜きしていったが、まあ、仕方ないだろう。無免許運転の可能性すら疑ってしまった。

20197540 すっかり消耗して夕刻の沼津漁港へ向かった。夕刻になると閉店している所も多いが、駐車スペースも余裕が出てくるので、夕飯を食べるだけなら十分。今日も昼間の喧騒の名残はまだあったが、苦労することなく駐車スペースを見つけることができた。少し散策してから食事にした。

20197539 刺し身系の気分ではなかったので、焼き魚がいいかなと思ったのだが、適当なのがなくて天丼にした。これが大失敗だった。確かにネタの魚は文句ないのだが、天ぷらがヘタな上に油が悪く、美味しくないと言うかまずい。もしかしたら、昼間に大量に揚げたものを温め直した??これを全部食べたら間違いなく胸焼けすると思い、泣く泣く残すことになった。天丼がまずくて全部食べられないという経験は記憶にない。やはりこういったお店は刺し身系じゃないとダメだ。別に専門店天ぷらの味を期待しているわけではないのだが残念だった。

 最後の方にひどい目の初体験が続いたが、些細なことなのでまあいいだろう。宿がある御殿場まで適当な細い道で走り、御殿場IC目の前のスーパーホテルに投宿。この手の新し目のチェーンホテルは機能的で快適である。よく寝て明日に備えよう。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2019オフ会納め (2) | ホームへ | 2020年始>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/3001-3a49113f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)