FC2ブログ

タイトル画像

ヘッドライトの罠

2020.02.09(21:24) 3010

20207659 ティグアンに装着されているヘッドライトはLEDである。そして、Hi-Lowの切り替え、照射範囲を自動で切り替えてくれる優れものだ(確か、ダイナミックライトアシストだったか)。私もこの装備は是非欲しいと思っており、さぞかし便利になると期待していた。しかし・・・・

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 これを実際に使ってみると正直なところ、肩透かし状態である。家人に至っては早々に自動切り替えは諦めて、今まで通り手動で切り替えている始末である。何が問題なのか。

 それは低速(それでも40 km/h弱ほどか)で走行している場合、非常に照射範囲が狭く感じることがある。これは通常のロービームよりも手前しか照らさないように思えるほどだ。いくら低速とはいえ、怖くてまともに運転できない場合があった。都会の市街地のように周囲が明るければ問題ないが、田舎は街灯も少なく、ヘッドライトだけが頼りなのだ。

 ハイビームに切り替わるのは少なくとも60 km/h以上で走る必要があり、近所の路地をこんなスピードで走ることは不可能である。仕方なく手動でハイビームに切り替える必要が出てくるわけで、これでは何のためのオートかわからない。例えば、カタログの記載であるが、マツダ車は20 km/hで作動するので、これなら十分実用的である。やはりお国柄、日本とドイツの違いが如実に現れた仕様かと。今の所、作動速度を落とすコーディングもないようである。

 逆に高速道路や、流れの良い広い道、明るい市街地などでは(当たり前だが)とても便利である。ヘッドライトについてはCX-5(初代)がイマイチだったこともあって重要視していた。なので、試乗時にも十分確かめたはずだったのだが、やはりオーナーになってみないと気が付かない落とし穴がある。不思議なことに、この点に関してはあまりそのような話を聞かない。我が家の感覚が他人と違うのか??

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<プロジェクトG始動 | ホームへ | オプション見直し>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/3010-7a2b846d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)