FC2ブログ

タイトル画像

地元工務店3傑 アライ(3→2)

2020.05.27(21:38) 3057

 そして最後にプランを提示したのがアライ。これまたかなり斬新なプランで、最初は悪くないと思った。しかしながら、説明を聞きながらよくよく見ると、家の配置が周囲の環境とちょっと合っていないように感じた。隣家の状況を踏まえた家の配置にこだわる家人は難色を示した。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 設計は提携している設計事務所にお願いしたようで、設計者はおそらく我が家を見に来なかったと思う。前2ビルダーとの違いは設計する人が直接周囲の状況を確認しに来たか来ないかで、これが出来栄えの差となって現れたのだろう。できるだけ既存のもの(門扉や擁壁など)を残そうとする心意気は是であるが、ちょっとそこに拘り過ぎたか。家の性能は申し分なく、断熱材の厚みや窓もハイスペックなものが奢られていた。価格も予算内に収めてくれるとのことだった。

 しかしながら、家人が難色を示した家の配置と、改めて眺めるとビルトインガレージにしたのにガレージと家の一体感が全く無い。これらを是正するとなると、修正ではなく一からやり直しになるだろう。設計は外部に依頼しているようなので、それなりのコストが生じていると思われる。契約することが決まっているなら、全面修正だろうが躊躇いなくお願いするところだが、家のテイストもどうもしっくりこない。ならば、これ以上粘ってもかえって迷惑をかける可能性が高い。

 他の2社が明らかにアライより我々にとっては良いプランを提示していることと、やり直しても設計事務所の設計士が改めて自宅を見に来るとも思えないため、この時点でお断りするしかなさそうである。その後、3回目の完成見学会に行ってみたが、やはり家のテイストが我々のイメージからは(許容範囲としても)ずれていることが確認できた。見学した3軒ともピンと来なかったので、ビルダーと我々のデザイン感覚の方向性が違うのだろう。家の性能に関しては同じ方向を向いていたが、デザインで逆方向という確認ができた。結果、お断りの結論は動かなかった。

 これでようやく二者択一までこぎつけた。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2020年5月まとめ(ティグアン) | ホームへ | 家造りの考え方>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/3057-197162c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)