fc2ブログ

タイトル画像

北信越ドライブ (1)

2021.09.16(17:52) 3211

20210821 週末の天気は今ひとつだが、関東甲信越地方は北部ほど晴れるという予報だった。ということで、先週に引き続き似たような地域ではあるがTTRSを繰り出した。もともと南部の伊豆や千葉方面は行き帰りも含めて混雑が必至なので、私の場合、特別な理由でもなければツーリングの舞台にはなりにくいこともあり、勢い北部が多くなる。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 同じような地域と言っても信越地域は広大である。ちょっと離れていれば、いや離れていなくても別の楽しい道がいくらでもある。今回は佐久のコメダ珈琲がスタート地点。東日本では一人勝ちのように混雑している。ここも例外ではなく7~8割の席が埋まっていた。早々にモーニングを平らげスタート。まずは久々の千曲ビューラインで上田方面を目指した。 20210823 千曲ビューラインは広域農道である。広域農道は山の中で誰が走るんだ?と思える道から生活道路の一端を担っている道までいろいろある。千曲ビューラインは後者であるので、走りたい放題という道ではない。それは想定済みで文字通り景色を見ながらのんびりと思っていたのだが、雲が広がっていてあまり景色を楽しむには向いていない天気だった。結果、景色もあまり見ずにそこそこのんびりというドライビングになった。 20210826 旧丸子町でK82に当たって広域農道のドライブは終了、北上して道の駅上田(正式名は長いので省略)でトイレ休憩した。K77で北上を続け、姨捨駅を目指した。この駅の詳細な説明は他に譲るとして、ここを舞台にした小説を最近読んだため、どんな駅か気になったのだ。ただ残念なことに、ここの素晴らしい景色は駅に入場してホームに立たないとちゃんと見ることができなさそうだった。各駅停車でのんびり篠ノ井線に乗らないとダメだなぁ。

20210827

 気を取り直して聖高原へとTTRSを進める。聖湖の脇からK501に右折。この道は2018年版ツーリングマップルでは県道の表記があるが、Google Mapではその表示がない。まあ、それは行政上の?問題であり、管理放棄されたというわけでもなさそうだから、走る分には関係がない。地図を見るとグニャグニャ曲がっていて分岐も多そうだが、道なりに走れば迷うことはない。交通量が非常に少なく、なかなかトリッキーなコーナーもあり、大いに気に入った。

20210828

 突き当たりのK12を右折して、信州新町方面へ。この辺りまでは事前にルートを決めておいたのだが、ここから先は完全に気まぐれで走ることになる。どう見てもメインルートに見えるK395との分岐点の頼りない道を左折してK12をトレース。激しい羊腸路で高度をどんどん落とす。でもこういう道の途中に素晴らしい景色が見られたりする。写真でお伝えできないのがもどかしいが、背景の山の高さが信州らしさを演出している風景だ。

20210831 R19に突き当たり右折、何となく車列に従って長野方面に向かった。冬季五輪のために整備したと聞いた記憶がある白馬長野有料道路を通過した。五輪と称して湯水の如くリソースを使ったくせに、その成果物はいまだに有料かよ!と一人毒づきながら車の多くなってきたR19を走り続けた。このままでは長野市街地に突入してしまうので、工事の片側通行で延々と止められた時間を利用して作戦タイム。

20210833
スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<北信越ドライブ (2) | ホームへ | 南魚沼棚田ツーリング (2)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/3211-c8cb251a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)