fc2ブログ

タイトル画像

北信越ドライブ (2)

2021.09.20(19:27) 3212

20210835  小田切ダムでバイパスと旧道の分岐点を旧道へ、すぐに左折してK406で急勾配の坂を上る。この辺は地形が急峻であるのでどの道も勾配が急である。K401にスイッチして、K406を経由、K76で戸隠バードラインを目指した。ショートカットを目論んで、かなり細かい道に入り込んだら素直にバードラインに合流できず、しばらくの間バードラインと並走することになった。しかもバードラインの右側を並走するので、感覚的には逆走しているようで落ち着かなかった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20210838 並走を解消して飯綱高原でバードラインから分かれ、K404でR18まで下った。高原の道は気温23℃、すこぶる快適なドライブが楽しめる。すっかりクーペボディに慣れていたが、この時ばかりは屋根が開かないことを恨めしく思った。R18を妙高方面に走り、道の駅しなのでお昼にしようと思った。が、どこにいたんだ?と思うほどの人が出ていて、駐車スペースを探すのに苦労するほど。密防止の観点からもトイレだけですぐに出発。インターのすぐそばの道の駅だから盛況なのだろうか。これは昼ご飯食いっぱぐれ一直線パターンである。 20210840 国道に戻っても仕方ないので、西側のK119~399で北上。山麓の気持ちの良い道をのんびりの流す。少しだけR18を経由して再びK360~217とやはり気持ちの良いカントリーロードを走った。そば処一郷庵という、いかにもという蕎麦屋の看板を見つけたので、それを頼りに行ってみた。しかし、店が非常に狭く事実上予約客専用の状態だったためあえなく撃沈。再びK217を妙高市街地へ向けて走った。 20210846 捨てる神あれば拾う神ありで、R18の手前で古民家カフェ矢代という看板を発見。通りを一本入ったところにあるそのカフェでランチタイムになった。お店の雰囲気は良いし、地元の人たちが和気藹々とする接客も良い。しかしながら、出される料理のメニューが個人的に残念。古民家カフェそれ自体はさほど珍しいものではなくなったので、それだけではお客を呼べないと思われる。私の他に客は1組のみで、COVID-19の影響とお店の人は言っていたが、果たしてそれだけか。 20210844 地域に住んでいるスリランカ出身者直伝のカレーがあるというのでそれをお願いした。このメニューは特徴的だし、かなり美味しかったので、その他のメニューの充実を願う。ベタであるが、やはり地元の野菜を利用したお惣菜などがいいのではと思った。せっかく解体寸前の古民家をリノベーションしたのだから、是非とも繁盛してもらいたい。しかし、おかげで密とは無縁のランチタイムになったのは皮肉である。 20210847 ランチを食べながら後半戦のルートを検討した。関田峠越えをして越後湯沢に抜けることにして出発。妙高市外を抜けてR292からK455を少しだけ通り、細い山道(じゅうぶん走りやすい)を登ると突き当たりがくびき野パノラマ街道である。これはいくつかの広域農道群の総称であるが、今回はその西端区間を走る。初めての走行であるが、他の区間いやそれ以上にこの道は素晴らしかった。景色も走りも楽しめる道はそう簡単にお目にかかれないが、ここはその貴重の両方を兼ね備えた道である。K95の峠はそうであるが、ここからでも日本海まで見渡すことができる場所がある。 20210852 非常にリズムに乗る走りができ、それはK95に右折しても続いた。前を塞がれることなく、一気に峠を越えて長野側へと下ることができた。ここまで気持ちよく走れたことは滅多にない。11年目、14万キロを越えたとはとても思えないTTRSはやはり相当な実力の持ち主である。みゆきのラインを経て桑名川駅の脇から千曲川沿いに下り、その後はR117から帰途についた。

20210854  今回初めて走ったくびき野パノラマラインの西端区間であったが、まだまだ信越国境付近には未走行の素晴らしい道がたくさんあることが実感できた。似たような走行ルートというのはあくまで地図上をなぞっただけの話で、前回とは全く違うテイストのドライブが楽しめた。

 そう言えば、緊急事態宣言延長に伴う高速道路の休日割引は休止が延長されているようだった。実際、佐久ICで降りたら割引の表示は出なかった。ところが、帰りに関越道を利用したらなぜか割引の表示が。前回も関越道で割引の表示だったから、関越道だけ設定がおかしいのか?ただ、料金はおそらく正規のものだった気がする。

本日の走行:447 km、燃費:11.3 km/L


スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2021年9月まとめ(ティグアン) | ホームへ | 北信越ドライブ (1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/3212-7f44d97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)