fc2ブログ

タイトル画像

2022北海道GT (4)

2022.10.05(20:36) 3336

202230173日目(洞爺湖~浦河~帯広~新得)

 台風14号の影響で今日の天気は諦めていたのだが、朝起きると雨は落ちていない。ホテルのレストランからは洞爺湖がしっかり見える状況だ。これなら走りに支障はほぼないだろう。昨晩の食事はまだ腹の中に残っているようで、朝になっても空腹を覚えることはなかったが、ここは朝食も見逃せない。洞爺湖を眺めながら、優雅な朝食をいただいた。あまりお腹が空いていないと言いつつ、とても美味しくて持ち帰りが可能なパン以外はすべて胃袋に収めることになった。これでもう今日の残りの食事はどうでもいい。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

20223021 身支度を整え8時半に宿を出発した。今日は帯広で家人が友人と会うという、家人にとっては最大のイベントである。ただ、相手の都合で夕方までに帯広へ行けば良いからかなり余裕のある行程である。これなら日高道道コンボを炸裂させる時間は十分にあるし、場合によっては襟裳岬まで足を伸ばしてもいい。洞爺湖から苫小牧までは交通量が多い道しかなく、いつも悩ましいのだが、街中走行で信号につかまるよりは大型車の後ろを走ることになっても支笏湖畔経由の方がいいという結論に達した。今回は利用しなかったが、思い切って高速道路という選択肢もありそうだ。

20223029 R230で留寿都を通過し、喜茂別からR276に分岐する。天気が悪いはずの今日の方が昨日よりも羊蹄山がよく見えた。ただ比較の問題で、とても眺めが良いとは言えない状況だった。喜茂別で先行車はすべてR230に消えていったので、R276を選択したティグアンは快速ドライブが楽しめる。しかしさらなる交通量皆無を求めてD695へ。国道と並行するこの道道は、誰もいない原野の中を貫いている。予想通り交通量絶無であり、距離こそ短いがこれぞ北海道という道の一つだ

20223031 R276に戻り、南からR453が合流してきたが、思ったよりも交通量が増えない。何台かPASSさせてもらったものの、それほどチンタラ走りになることなく苫小牧まで走ることができた。こればかりは運であるが、今日は天候といいこのR276といいツキがありそうだ。苫小牧市内で燃料を補給。無給油でも帯広まで十分に行けそうであるが、広い北海道、何があるかわからないため、都市部では補給をしておいた方がいい。

20223035 港湾道路らしく4車線もあるD259からR234を経由してD482へ。急ぐなら無料の日高自動車道を使うが、時間的に余裕があるのでいつもとは違った道を使うことにした。この道道に曲がった瞬間に交通量は激減し、日高地方のトレードマークでもあるサラブレッドの牧場が現れた。雨なら馬たちも厩舎に入ってしまうだろうが、幸いにも曇りなので、草を食む馬たちの様子を見ることができた。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2022北海道GT (5) | ホームへ | 2022北海道GT (3)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/3336-0e72ea35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)