fc2ブログ

タイトル画像

三海道GT (1)

2023.12.04(20:59) 3455

20235303 私の場合、別の人のツーリング記に触発されて旅程を組むことがよくある。今回のツーリングも例にもれず、とあるブログで瀬戸内海の島々を走る非常に興味深いルートが紹介されていたのがきっかけとなった。瀬戸内海には無数の島があり、一部の島々は橋で結ばれている。本州と四国を結ぶしまなみ海道が有名であるが、その西にとびしま海道、東にゆめしま海道なる道があることを知った。小さな島々をツーリングのメインに据えることは初の試みであり、加えて瀬戸内海の沿岸部はツーリングの空白地帯になっている。場所的にガッツリ走ることにはならないだろうが、未経験ゾーンを観光的要素強めで巡ってみるのも楽しそうである。

にほんブログ村 車ブログへ

 というわけで、勤労感謝の日の飛び石連休を利用して、これら三つの「海道」を走るツーリングを組んだ。私の場合、「走ってみたい」メインステージを決めたら、地図をじっくり眺めておおよそのルートを組み立てる。慣れてくると、地図を見ているだけで一日に走れる範囲のルートが頭の中で組みあがるようになる(もちろんGoogle mapでの最終確認は行うが、修正不要なことが多い)。しかし、今回は島という特殊条件でフェリーにも乗るため、その出航時刻も含めていつもより綿密に走行シミュレーションを行った。

 初日は広島市内に宿泊する。目が覚めたら出発という、極めていい加減な予定としたが、実際には4時にはTTRSの中の人になっていた。何も考えずに上信越道~中央道という王道ルートのつもりだったのだが、軽井沢を過ぎたあたりで気が変わって、北陸道回りにした。距離も時間もかかるが、交通量の少なさを優先させ、久々に北陸道を走ってみたくなったのだ。

20235306 法定速度付近にオートクルーズをセットし、時折やってくる速い車に遊んでもらいつつ距離を稼ぐ。福井の先にある南条SAで朝食を兼ねて初休憩。道の駅も併設されているSAである。以前、ここでモーニングセットを食べたのを思い出し、ここまで飲まず食わずでやってきた。当時は8時から営業していたはずだが、今年から9時開店に変わっていた。幸い9時少し前だったので、さほど待つことなく開店。店の周辺にはお客が手持ち無沙汰にしていたので、開店と同時に何組かが入店かと思いきや入店したのは私だけ。そりゃ、開店時刻も繰り上がるわけだ。

 ワンコインのなかなかコスパの高いモーニングを食べ、TTRSにも給油して再スタート。敦賀JCTでは舞鶴若狭道を選択。舞鶴までは基本的に片側1車線で追い越し不能であるが、所々に追い越し車線が現れ、それをうまく利用してほどほどのマイペースで走る。舞鶴から先は2車線道路であるので、交通量の少なさから完全マイペース走行ができた。

20235313 快調に走って吉川JCTから中国道に。西に行くに従い車が徐々に減り、快適に距離を刻む。時折、大型車が団子状態になり、かなり失速することもあったが、概ねマイペースである。えらく速い3シリに引っ張られて、かなり時間短縮ができた。でも、中国道にしてはいつもよりかなり車が多い印象であった。高田ICで高速を降り、そこからはR54で広島市街地を目指す。少し山道で遊ぼうかとも思ったが、流石に1000 kmの道のりは長く、山道を走る気力が残っていなかった。

あなご 広島駅にほど近い天竜旅館という、お約束?のVCな宿にチェックイン。ここだけがエアポケットのように昭和の佇まいであった。見たところ70過ぎのご夫婦だけで切り盛りしていたので、ここも近い将来なくなってしまうかもしれない。広島駅であなごめしの駅弁を買って宿で食べた。

本日の走行:1019 km、燃費:13.0 km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<三海道GT (2) | ホームへ | 利根ショートドライブ (2)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/3455-e7a96a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)