FC2ブログ

タイトル画像

峠三昧の2日間~その3

2008.05.21(18:39) 491

 ホテルを出ると、すぐ妻籠宿である。天気のせいで空いていそうだったが、雨の中を歩き回る気になれず、通過。昼食の最後のチャンスを見逃したことになる。

 R19と合流すると、メインルートだけあり、大型車が現れるようになった。木曽川を渡ってK6にエスケープ。田立という無人駅の駅前を通過したが、ここはれっきとした中央本線の駅である。しばらく走ると、「本日通行可能」の看板が。一桁の県道だし、当たり前のように走っていたのだが、運が良かっただけみたいだ。(国道ならともかく、一桁県道というのが意味がある表現なのかは謎・・・。)


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。


 K3と並行する道路を快調に走り、K3からR256をちょっとだけ走り、K359で再び山の中へ。この道も所々にエスケープゾーンがあるだけで、ほとんどが1車線である。越道峠先から、町道を経由してK72へ。ゴールはすぐそこである。

 三度、R256に入り、東白川村役場そばの「中野屋」という旅館に投宿。

 地図によると、旅館のすぐそばでR256が北に進路を変えてR41方面へとへ伸びている。が、交通量はほとんどなく、静かなものである。それもそのはず、R41方面へはR257を利用する方がよっぽどいい。ほとんどの車は下呂・高山方面を目指すだろうし、美濃加茂方面へ行きたい車はそもそもR19からR256へは入らないはずだ。

 ここはまだ村のままで静かなのはそんな事情によるものだろうか。

 この辺りは飛騨牛が有名で、この旅館も例に漏れずそれを食べさせてくれるのだが、あいにく肉嫌いの私は食べられない。予約時に問い合わせたところ、食事内容の入れ替えについては快諾してもらった。山菜やら鮎やらの山の幸が中心で、豪華というわけではないが大変おいしく頂くことができた。

 お風呂は温泉ではなく、いわゆる大風呂はない。どちらかというと民宿に近い感覚である。2年ほど前にリニューアルしたらしく、設備は新しく清潔で気持ちがよい。あまり行くことのない土地であるが、お勧めの宿ではある。

 久々に、TVドラマなどを見て、ゆっくり過ごして明日に備えた。

 本日の走行:321km、燃費:9.3km/L。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<峠三昧の2日間~その4 | ホームへ | 軽トラとゴミ捨て>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/491-cbb1f84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)