FC2ブログ

タイトル画像

SLK西へ~その2

2008.07.07(18:12) 525

 

 その分岐から程なく行くと、中央構造線博物館がある。キーワードの施設だけに、当然のことながら、立ち寄る。入館料500円は、研究維持のための寄付と思えばよい。博物館となっているが、あまり見学者が来ることが想定されていない造りになっている。


 しかし、そこの学芸員の方(村の職員扱いか?)は非常に博識であり、いろいろ丁寧に説明してくださった。入館料の徴収もその人がやっており、雑用、見学者対応の合間に自分の研究をやっていると推測する。学会や調査で出ることもあるだろうに、大変そうだ。

 社会に余裕が無くなると、一見地味なこうした研究は打ち切りになりがちだ。こういう研究にも光が当たる社会を望む(災害対策には欠かせないと思うが・・・)。

 庭にはGPS装置があり、これは国土地理院の電子基準点(こんなのがあるのは初めて知った)の一つであるという。

 ちなみに、中央構造線と並んで(こっちの方が有名かな)、糸魚川-静岡構造線(よくフォッサマグナと誤解されている)がある。じゃあフォッサマグナとは何ぞや?という人は、ご自分で調べてください。

 この二つの構造線は諏訪湖で交差しているらしい。ということは、諏訪湖の地下は断層の宝庫?なのかな。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<クラウンハイブリッド | ホームへ | いくつか気になること>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/525-f57bcc92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)