FC2ブログ

タイトル画像

ティグアン試乗(4)

2009.01.30(19:21) 683

 バックモニターが標準で取り付けられており、そのカメラはリアゲートに作りつけともいえる状態である。そのおかげで、リアゲートを閉めても外からはカメラがほとんど見えない。この辺もこだわって作り込んでいる気がする。

 発進は普通のアクセルワークをすると極めて緩慢である。ただし、その後アクセルを踏み続けると軽快と言っていいほどエンジンは吹け上がり、SUVとは思えない加速をする。市街地の試乗では床まで踏みつけるのは難しい(営業氏同乗ではね)。したがって、この発進の緩慢さは意識的にそう味付けしているのと思われる。これは、ステップワゴンとは逆である(ステップワゴンはミニバンとなめていると意外に加速が良いが)。


 

リアゲートに埋め込まれたカメラ

カメラはナンバープレートの上辺りにある。この角度では見えない。

 それにしても、決して軽くはないSUVをターボとはいえ、2Lエンジンでここまで加速させるとは恐れ入った。ストマックで何度かご一緒したシバタクさんのEOSがやけに速いと思っていたのだが、なるほど、このエンジンならそうだろう。大排気量に慣れてしまい、2Lターボは非力という間違った認識ができかかっていたが、それにストップがかかった。

 考えてみれば、私は前車インプレッサに限らず、2Lターボ車に乗り続けてきた。そして、それを恐ろしく速いと思っていたのだから、2Lターボが非力なはずがない。SLKに乗り換えたときに、遅くてもいいやと思ったことをすっかり忘れていた。

 ハンドリングを試せるほどのコースではなかったが、ステアリングフィールはしっかりとしており、ちょっとだけ試したGLKより好感が持てた。運転しているうちにダッシュボードの高さは、だんだん気にならなくなってきた。SUVの大きさを感じることなく、かなり運転が楽であり、それでいて面白い車ではないだろうか。

 試乗を終えて、このティグアン、スタイル以外はかなり高得点であった。価格は間違いなくバーゲンプライスであろう。SUVを検討している方は是非試乗をお勧めする。ただし、コンパクトSUVと言いながらも、私はまだまだ大きいと思う。全幅が1.8mを越える車をコンパクトとは呼ばないでしょう・・・。これではせっかくオフロードをと思っても、日本の林道へは持ち込めない。ジムニークラスとは言わないが、せめて5ナンバー枠に収まってもらわないと。この車をオフロードに持ち込むことを考える人←おまえだ!などいないから構わないか。

 意外なことに営業さんが持ち出した国産車対抗馬はRAV4であった。確かにサイズ的には言われてみればそうなのか。そういえば存在自体を忘れていた。対抗馬になるのかRAV4も試してみようかな。

 と、ティグアンを見に行ったのだが、展示してあったパサートCCにすっかり目を奪われてしまった(内装ね)。これ、試乗車があったら是非乗ってみたい。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2009年1月まとめ | ホームへ | ティグアン試乗(3)>>
コメント
バックモニター使うと上手く駐車できません(^_^;
自分の目と感覚の方がまだマシなんですよね~…

パサートCC。
ワタシは内外装ともにカッコいい!!と思います。
これでオープンになったらもっといいんですけどね~。
【2009/01/31 20:43】 | May #- | [edit]
バックモニターは同感です。
あれは、ぎりぎりに下がる時に確認するくらいです。

パサートCCは内装、特にシートの作りが気に入りました。
【2009/01/31 23:11】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/683-edc072a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)