FC2ブログ

タイトル画像

プリウスはもう古い?(2)

2009.06.24(18:18) 792

 先に述べたように、燃料はガソリンや軽油ではなく水素であるから、フィラーキャップを開けると見慣れないノズルが出てくる。ここに水素を充填するわけだが、その圧力が隣に書いてある。

 70MPaという、尋常ではない高圧である。ごくおおざっぱに言うと、大気圧が0.1MPaだから、その700倍である。こうなると燃料供給のためのインフラ整備が課題となることが想像できるだろう。


 エクゾーストパイプと言うよりはドレインパイプか?排出するのは水であり、アイドリングさせていると水が滴下する。最初はこの水が極寒冷地では氷結するのが問題であったらしい。現在ではそれは解決されており、少なくとも日本での使用は全く問題がない。

 水素タンクはリヤの荷室の下にある。ガソリンタンクのイメージそのものである。これの小型化は重要であるが、荷室はフラットであり、ノーマル?のクルーガーと何ら変わることはない。

 ベース車にクルーガーを採用した意図(理由)はあえてここでは書かないが、この辺のところを考慮すると想像がつくであろう。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<プリウスはもう古い?(3) | ホームへ | プリウスはもう古い?(1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/792-084a4b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)