07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

五穀豊穣津軽・白神GT(10)

2009年 10月09日 19:05 (金)

 再びトレッキングシューズに履き替え、山道を歩く。道はすぐに河原に降り、河床を歩く。水が少く、靴も一応防水対応なので問題ないが、雨が降れば危険である。ここの岩は非常にもろく、手で触るとぼろぼろに砕ける。水が増えれば、簡単に溶け出しそうだ。濁川という名前の由来がわかったような気がする。

 砂防堰堤を越えると、おお!迫力ある景色が見える。まさに求めていたものである。温泉の「地獄」のように有毒ガスが出ているわけではないのに、草木が生えていない風景は非常に興味深い。凝灰岩がむき出しになっているためだが、その成り立ちは完全には解明されていないらしい。

 道はまだ続いているようだったので、息を切らせながらもさらに奥へ入る。切り立った崖の上に木々が茂っている。展望台はその当たりだったかも知れない。だとすれば、ずいぶん恐ろしい場所にいたものだ。ここの岩が崩れやすいのは、実証済みだし。

 やがて道は樹林帯に入り込み、凝灰岩が見えなくなり明らかに様子が違う。しばらく登ると、が出てきた。ここはさすがに一般の観光客は来ないので、静まりかえっている。ここで道が途切れたと思っていたが、よく見ると左手の方へさらに続いていた。

 これ以上トレースしても面白い風景に出会えそうもないし(そういうことにしておく)、きちんとした装備もしていなので、万が一迷ったらエラいことになる。この池で満足すべきであろう。

 

スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント