FC2ブログ

タイトル画像

Mille Miglia 2009 (5)

2009.10.23(19:12) 882

 Milleの車両が全て出発すると、何となくホテルもがらんとした感じになった。リタイヤとなった数台がぽつんと駐車場に残されており、もの悲しい。玄関前で記念撮影をして、いちろ只見方面に向けて出発。途中諸橋美術館に立ち寄り、庭と建物を楽しんだ。←中に入らんのかい!


 その後はひたすら走る。塔のへつり近くにある全国区のフレンチレストランの建物だけを見た(予約が今回は取れませんでした)。ここで、117のドライバーがスナフキンさんにチェンジ。戸川流さんとR子さんはZ4へ。

 しばらくすると、私の前を走っていた117がすうーっと路肩へ寄る。ん?何だろう?運転席から降りてきたスナフキンさん、「クラッチペダルが戻らない」。このとき既に2台のZ4は先行し、見えなくなっていた。携帯電話で呼び戻すしかない。

 オーナーの戸川流さんがチェックするものの、お手上げ状態。レリーズに関係する金属ピンが疲労のため、折れたかどうかしたようである。ここから先は自走不可なので、迷わず積載車を呼び、手近な修理工場へ入れることにした。

 残りの車は全て2シーター。それぞれが単独参加だったので、ギリギリお二人を乗せる余裕があってよかった。スナフキンさんのZ4に戸川流さんご一行を乗せ、スナフキンさんは私の助手席へ。

 出先で車がトラブルのは大変で、お気の毒だが、皆さん余裕がある。テキパキと手配をかけて、善後策を講じる。時間はロスして、お腹はすいたけど、全くしらけた雰囲気にならなかったのはさすがである。

積載車へワイヤーで引っ張られて

戻らない

クラッチペダル

さようなら・・・・


スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<Mille Miglia 2009 (6) | ホームへ | Mille Miglia 2009 (4)>>
コメント
ていしあさんの関西弁の突っ込みに思わずふいてしまいました。

【2009/10/24 03:59】 | 戸川流 #/qX1gsKM | [edit]
私は芸術に疎いので、中に入らなくてむしろホッとした口です(笑。
こちらでも、ああいうものの言い方をするので、書きましたが、関西弁ののりでしたか。
【2009/10/24 12:46】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/882-a67bcdf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)