タイトル画像

昭和の香り

2009.11.16(19:36) 901

 千駄ヶ谷へ仕事で先日行ってきた。仕事に入る前に、昼ご飯を食べるのだが、どこにしようか。ふらふら歩いていたら、既に会場の近く、こんなお店を見つけた。メニューを見た限り、洋食屋らしい。

 時間もないし、エビフライもあるからここにしよう。


 入ってみると、10人ほどでいっぱいになってしまう店内であったが、調度品や飾り付けがけっこう良かった。水差しなど銅の製品を使っている。レトロを演出している風ではなく、自然にそんな感じであった。それもそのはず、経営者ご夫妻と思われる方は70過ぎとみた。店を始めたころ、そのまんまなのかも知れない。

 で、エビフライを頼んだのだが(メンチカツや、ハンバーグは私は苦手なんで)、サイズこそ普通なものの、5本も出てきたのには驚いた。値段まで昭和なのか、と思うほど。店内は混み合ってはいないが、常連さんがポツポツ来る感じ。

 都心部にはほとんど縁がないけど、こんなお店を見つけると何だか嬉しくなる。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<晩秋の野麦峠越え(1) | ホームへ | iPhone用ケース>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/901-fef609fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)