タイトル画像

北部九州GT(1)~牛窓へ

2010.03.22(16:52) 983


より大きな地図で 2010春のGT1日目 を表示

 長いGTでブログに穴をあけた。例によって自分の紀行文でもあるので、しばらく続くと思う。相当引っ張るので、御覚悟を(笑。

 福岡で仕事をするついでに、未踏の地である九州北部の海岸部と鉄板であるが、阿蘇を組み合わせてGTを敢行してみた。距離にして片道1000kmを楽に越えるので、かなりの長丁場となったGTであった。

 一気に福岡まで移動することも考えたが、その日の夜に福岡在住の旧友と、15年ぶりの再会を果たすことにしているため、福岡の宿に到着してバタンキューという訳にはいかない。適当な中継点を物色していたら、「日本のエーゲ海」とも呼ばれる瀬戸内市牛窓に気の利いてそうなオーベルジュを発見。ここを中継点にすることとした。


オリーブ園

ル・ソレイユ

フロント


 牛窓の景色を楽しみたいというのもあり、午後のそう遅くない時間に牛窓に到着したい。逆算しておおよそ朝6~7時に出発すればいいだろう。雪の影響もなくなり、季節柄、快晴は難しいが、そこそこの天候である。オープンにして走り始める。

 長野県に入る頃から、路面はハーフウエットへと変わった。凍結していることはないが、慎重に運転する。更埴JCTから長野道を南下して、梓川SAにて朝食休憩。一つ手前の姥捨SAと比べると、こちらは和定食にもドリンクバーがサービスされる。なので、専ら利用するのは梓川SAだ。

 朝食を終えると天候が怪しくなってきた。風も強いので、オープンはあきらめてSLKを発進させた。中央道との合流地点まで来ると、まともに雨が降ってきた。予報では確か晴れだったはずなのに。まあ移動区間だし、と気を取り直すが、何気なく見た電光掲示板にこの先通行止めとある。何かの間違いかしら、と都合良く解釈して先に進むが、それほど甘くはない。掲示板通り、飯田ICの先で詰まってしまった。ただ、後で考えてみると、深刻な?通行止めなら飯田ICで強制的に下ろされるはず。本線上に止めていると言うことは、しばらく待てば動くということか。

 だが、その時はそんなところまで知恵が回らず、今晩の料理が・・・としか(笑。こんな時に活躍するi-Phoneで、早速渋滞情報を調べる。どうも恵那山トンネル付近で車両火災らしい。上り線での事故らしいが、安全確保のため下り線も止めているのだろう。車は全く動かないので、パーキングブレーキを引き、エンジンも停止。のろのろ走ったり止まったりより、楽だ。周りの車もエンジンを停止させているようだった。まともにたどり着けるのか・・・・・。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<北部九州GT(2)~牛窓オリーブ園 | ホームへ | 九州GTへ出発>>
コメント
いよいよ九州GTのレポが始まりましたね。
楽しみです。
牛窓は僕も行ってみたいところです。
【2010/03/22 21:27】 | シバタク #PaK5/ZHM | [edit]
水不足の時の台風のようなものです
(=ネタ不足の時のツーリング)。
しばらく続けますので、お暇なときにどうぞ。
【2010/03/23 00:18】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/983-fc89499c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)