FC2ブログ

タイトル画像

北部九州GT(5)~虹の松原

2010.03.26(19:47) 987


より大きな地図で 2010春のGT3日目 を表示

 福岡は食べ物が美味しい。特に、イカの美味しさには感動すらした。隣の呼子のイカがブランドだが、十分に満足できた。今回の仕事は同僚数人と一緒であったが、夜が楽しみでもあった。私はほとんど飲めないけど、楽しい宴会をすることができた。そんな福岡で数日間の仕事をこなし、GT後半戦へ突入する。

 まずは日本三大松原である、虹の松原へ。この「日本三大~」というのは、もしかしたら人寄せのためのキャッチフレーズかも?と思いながら、行ってみたくなる。日本三景、日本三奇橋、日本三庭園・・・など、いろいろある。


松原の中

鬱蒼とした松林

鏡山から1

鏡山から2

 かなりバイパスとしての整備が進んでいるR202で唐津方面へ向かう。気持ちの良い海岸線を列車と競争するように走る。しばらくしてR202が左へ逸れると、その先が虹の松原である。海岸沿いの松林とくれば、白砂青松。それを想像すると肩すかしを食い、海は全く見えない。鬱蒼とした松のトンネルをくぐっているというのがぴったりする。松の根本にある砂地を見れば、なるほど、ここが海岸にあるということがわかる程度である。松林の立派さには端倪すべからざるものがあるが、眺望が良くないので、その中にいる人はあまり面白くない。

 虹の松原からR202を挟んで反対側には鏡山がある。何の気なしに登ってみると、ここからの展望は素晴らしい。さっきの松原を一望できるし、海とのコンビネーションも抜群である。虹の松原を味わうには、ここへ登る必要があることがわかった。これで、来た甲斐があったというものだ。

 K40~K38~K45で宿泊地である嬉野温泉へ向かう。典型的な日本の田舎道であり、穏やかな気分で走れる。移動区間と割り切っているせいもあり、ペースメーカーがいてもそれほど気にならなかった。まだ明るいうちに本日の宿である「ひさご旅館」へ到着。愛想の良い井上和香のような若女将(どんなだ??)に迎えられ、美肌で有名なこの温泉地へチェックイン。

本日の走行:107km、燃費:9.2km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<北部九州GT(6)~嬉野温泉 | ホームへ | 北部九州GT(4)~九州上陸>>
コメント
鏡山から望む虹の松原は綺麗ですね。
そして嬉野温泉といえば・・・豆腐ですか?
【2010/03/26 20:35】 | シバタク #PaK5/ZHM | [edit]
さすが、旅慣れていますね。
もちろん湯豆腐です(宿の朝食でしたが)。
【2010/03/27 01:03】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/987-fd8615fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)