FC2ブログ

タイトル画像

北部九州GT(6)~嬉野温泉

2010.03.27(20:01) 988

シーボルトの足湯

お湯は豊富そう

ちょっと寂しい


 嬉野温泉は小説などの舞台になることもあり、どんなところだろう?と思っていた。街は温泉地という感じはそれほどなく、このシーボルトの足湯がそれを強く感じさせる程度である。全体的には昭和時代の商店街の雰囲気で、閉店している店も多く(時期、時間が悪いのかも)、再生模索中というところか。

 やはりここは雰囲気より、その泉質が売りか。


イイダコ

有明海名産(名前失念)

綺麗なお造り

朝からこんなに並ぶ

名物湯豆腐

 旅館は小さくて古いが、それ以外は申し分ない。一人客だが、食事は朝夕とも部屋で食べられるし、お風呂も貸し切りである(そういうシステムらしい)。泉質は確かに肌がつるつるになるようで、女性には人気が出るのも頷ける。美肌温泉の看板には偽りなしだ。

 食事の給仕が若女将直々であった点も(運が)良かったか(笑。名前を忘れた(ヘタナリだったかなぁ)けど、巻き貝の煮物が変わっていた。中身を吸い出すのだが、コツが必要である。

 朝風呂にゆっくりつかり、朝食。嬉野名物の湯豆腐が出されるので楽しみにしていた。それにしてもこの品数、半端じゃない。重たいものは少ないので、これだけ食べてもお腹にもたれないだろう。湯豆腐はごまだれで頂くのだが、これがよく合う。煮汁が豆乳状になるのが嬉野湯豆腐の特徴である。だから、ここの湯豆腐は煮汁まで美味しくいただける。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<北部九州GT(7)~島々と教会 | ホームへ | 北部九州GT(5)~虹の松原>>
コメント
嬉野にも焼物があるんですよ。肥前吉田焼といって、磁器の有田と違って陶器です。
ハミルトン宇礼志野というホテルもオススメ。宿泊客には輸入車乗りも多く、見ていて楽しめます。
次回のGTでお試しを。
【2010/03/28 21:02】 | ハリソン #JSlyrjWk | [edit]
なるほど、嬉野には陶器があるんですね。勉強になります。
ハミルトンは確かに良さそうでした(値段もですが)。
次回に(いつだ?)とっておきます。
【2010/03/28 23:51】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/988-68516ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)