FC2ブログ

タイトル画像

北部九州GT(8)~西端の旅

2010.03.29(19:32) 990

 川内峠は草原になっていて見晴らしが良い。ただしこの天候ではそれも半減である。加えて、息ができないほどの強風であった。それでも、SLKを降りて歩き回る。もう少し歩き回りたかったのだが、風にほとほと参り、這々の体でSLKへ逃げ帰る始末であった。

 再び車中の人となり、K19で生月大橋を渡り、島の西側を北上する。この道は素晴らしい。海と断崖、アップダウンにコーナー。しかも先行車なし。景色も素晴らしくて、撮影ポイントもあったと思う。しかしながら、撮影のために運転リズムを崩したくなく、いっきに大バエ灯台まで走りきってしまった。やはり、この辺が「旅系」の人とは違うんだろうな。

 さっきの道が素晴らしかったので、往復しようか迷ったのだが、芸がないので今度は東側を南下した。こちらは港があったり集落があったりで、ほのぼのとした漁村風景を見ることができる。


平戸大橋

生月大橋

 生月島に別れを告げ、K19で平戸島を南下する。ここには陸路だけで行くとができる日本最西端がある。かなり持って回った言い方だが、確かに表現が難しい。日本最西端は、南西諸島があるから当てはまらないし、「本土」という表現は、九州とは陸続きではないため、当てはまらない。そのせいか、大々的なモニュメントなどなく、申し訳程度に看板があるだけである。

 この最西端の漁村に郵便局があったので、ちょうど用事があったこともあり、立ち寄った。群馬県の人間がこんなところで払い込みをしたので、局の人は驚いていた。折角だから記念のためここで払い込むと言うと、大きく頷いていた。

大バエ灯台

灯台からの眺め

西端の立て看板

 当初の計画では呼子まで北上し、イカを食するはずであった。が、ランチタイムには到底間に合わないし、イカは福岡で堪能できたので、無理して呼子まで行く必要はなくなった。夕飯は柳川で鰻と決めてあるので、それに間に合うように臨機応変にコース取りをすることにした。

 R383を北上し、平戸大橋を渡って、再び本土へ上陸。R204は交通量も多く、面白くも何ともないので、K61K144そして、北松やまびこロードを走る。地図の感触からして、良さそうな道だと検討をつけたところ、見事的中し快速路。読みが当たって気分よく走れた。K11に突き当たって左折、その先、K5へと右折した。ダンプカーに前をふさがれ、げんなりしたが、しばらく我慢するとどこかへ右折していったので、その後は快適。意外に標高を稼いでいて、木々の間から伊万里湾が一望できる。コーナーはきついが、垣間見る伊万里湾は一見の価値がある。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<北部九州GT(9)~棚田と鰻 | ホームへ | 北部九州GT(7)~島々と教会>>
コメント
お久しぶりです。随分近くまでいらしていたんですね。
生月島の西側の断崖・・・凄く良いですよね。灯台から遥かに見える五島の島々・・・点在する教会等も含めて景色抜群だと思います。
それにしても、温泉湯豆腐や柳川のうなぎ、良くご存知で。。
おどろきました。
九州GTの今後の記事も楽しみです!!
【2010/03/30 17:39】 | フクちゃん #- | [edit]
コメントありがとうございます。
フクちゃんさんの活動拠点と近いな、とは思っていました。見所を教えていただくのはちょっと図々しいかと、遠慮してしまいました(笑。

次回は是非とも南九州をと思っています(いつだか分かりませんが)ので、その時は是非とも穴場を教えて下さい。
【2010/03/30 18:26】 | ていしあ #- | [edit]
その時は喜んで。
南九州も良いところ、おいしいお店はたくさんありますよ。
ただ、僕自身がB級グルメ専門なのでお口にあうかどうか・・・
【2010/03/31 07:11】 | フクちゃん #- | [edit]
心強いコメントありがとうございます。

> ただ、僕自身がB級グルメ専門なのでお口にあうかどうか・・・
心配ご無用です。ブログではカッコつけ(にもなっていないか)ですが、実際は
私もB級が多いですから。
【2010/03/31 19:06】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/990-d9bd2fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)