FC2ブログ

タイトル画像

北部九州GT(11)~阿蘇を走って由布院へ

2010.04.02(19:30) 993

 ふと目に入った、Teaの文字。草草茶房というお店のようだ。時計を見るとお昼前。昼ご飯はこれというものがないと食べる気にならないので、お茶休憩にした。ハーブティとケーキのセットで一息つく。

 オーナーとおぼしき30代(たぶん)の女性と話しがはずんだ。そのうえ、別のブレンドのハーブディまでご馳走になってしまった。お店の中を見ると、嬉野温泉で見たのと似たカップを発見。果たして、同じ人の作品だった。このオーナーが熊本市内で営業しているカフェでは、そのカップを使用しているとのことであった。 


 見にくいけど、黒いカップがその作品です。

 気分もリフレッシュされ、阿蘇南部広域農道へ。この道は非常に楽しい。何せ交通量が少ないのがうれしい。マニュアルモードを使って10km強の距離をあっという間に走りきってしまった。農道の終点はR265。左折して、今度は外輪山東側を登る。R57をまた少し走って、ミルクロードひごだいロードで放牧地の中を抜ける。メインからはずれているせいか、走っているのは私だけ。

 K11、やまなみハイウエーへ戻り、ほぼ阿蘇外輪山を一周した。SLKで阿蘇を走るという一つの悲願が(季節はさておき)最高のコンディションの中、成就された(大げさだが)。宿泊先の湯布院へ直行するにはまだ早い。K40で九重町役場まで下り、ふたたび四季彩ロードで飯田高原まで戻る。

 ワインディングを走ってのどが渇いた。飯田高原にはカフェがいくつか目に入ったが、窓からの景色が一番良さそうなichi-roku cafeにしてみた。一歩入ってみて、当たりの予感がした。このGTで裏切られっぱなしのアイスコーヒーをオーダーした。おお、美味しい!ようやくまともな、いや、今まで飲んだ中でも屈指のアイスコーヒーを飲むことができた。

 カフェで福岡から来るという常連客のご夫婦と、話をする機会があった。定年後、福岡市内からドライブを兼ねて時々やってくるという。ちょっとしたストマックののりである。ご主人、GT好きのようで、車で何とか関東、東北まで行ってみたいと言っていた。途中で1、2泊すれば、体力的にも大丈夫だろうから、是非いらしてください。

 気が付くとチェックインにちょうど良い時間。残り約30kmを走り、由布院温泉の宿へ。これが九州最後の宿泊である。

本日の走行:284km、燃費:9.6km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<北部九州GT(12)~さよなら九州 | ホームへ | 北部九州GT(10)~阿蘇へ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/993-01c7ab55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)